★溶連菌って何?大人もうつる?症状と原因を詳しく知りたい!


溶連菌ってみなさん、ご存知ですか?

子供がいる方には割となじみがある病気なので、知っているという方が多いかもしれません。

実は、この溶連菌。

子供だけでなく大人にもうつる可能性があるんです。

どのようにして溶連菌はうつるものなんでしょうか。

大人でもかかる溶連菌の感染経路について知りたい。

また、溶連菌の症状や原因は一体どのようにして起こるのでしょうか。

症状や原因からの対処法についても知りたい。

そんな気になる溶連菌は大人でもうつるのか、溶連菌の症状や原因についてクローズアップ!

今回は『溶連菌って何?大人もうつる?症状と原因を詳しく知りたい!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

溶連菌とは?

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌です。

そして、α溶血とβ溶血の2種類のうち、人が病原性を保持しているのはβ溶血のA群、B群、C群、G群などです。

溶連菌は、溶連菌という細菌が主に喉に感染し、上気道感染症(扁桃腺炎、咽頭炎)などの症状を起こします。

この感染症は、主に5歳〜15歳くらいまでの子供がかかりやすいですが、大人がかかることもあります。

全ての大人の人でも発症するわけではなく、「免疫力が低下している」、「妊娠している」、「小さな子供がいる」人は感染しやすいと言われています。

【スポンサードリンク】

溶連菌が大人に感染する感染経路は?

感染経路は、「飛沫感染(咳やくしゃみ)」、「経口感染(菌に触れた手を口に入れる等)」の2つがあります。

保育園、幼稚園、小学校に通う子供が感染してきて、家庭内に持ち込むことで家族に感染することが多いです。

子供が溶連菌に感染した場合は、子供と同じ食器を使ったり、同じタオルを使わないように気をつけましょう。

そして、普段より手洗い、うがいに気を配るようにしましょう。

溶連菌の症状は?

溶連菌と風邪の違いは一体何でしょうか。

 

  • 【高熱がでる】溶連菌になると、高熱に悩まされます。

    約38度から39度程度の高熱になり、身体にだるさを感じることも多いです。

  • 【関節痛】溶連菌感染症になると、子供の場合はあまりない症状ですが、関節痛になる大人もいます。

    関節がギシギシと傷むような圧迫感があり、運動すると関節に痛みが走ることもあります。

  • 【喉の痛みや嘔吐】喉が痛くなり、熱も出ることから、風邪だと判断してしまう人が多いのですが、風邪とはまた違ったものなので注意しましょう。

    また、その他の代表的な溶連菌の症状として、「手足に赤い発疹」、「いちご舌」、「頭痛・腹痛」、「リンパ節の腫れ」、「手足の皮がむける」等の症状があります。

    最初、発疹が出て、のどが痛くなり、そのあと熱がでます。

    そして、手足等に赤い発疹や、舌にいちごのような白いブツブツしたものが現れたりします。

    風邪との大きな違いとしては、咳や鼻水はほとんどありません。

大人が溶連菌にかかる原因や潜伏期間は?

小さなお子さんがいる家では、お子さんからの感染が一番多く、発症する原因は免疫力の低下が主な原因です。

睡眠不足が続いていたり、疲れが溜まっている場合は注意が必要です。

潜伏期間としては、2〜5日で、潜伏期間が短いため、家族の中の一人が感染した場合、次々に感染していく可能性もあります。

溶連菌の治療法は?

溶連菌は風邪とは違いますので、市販の風邪薬では治りません。

病院では抗生物質を処方されますが、症状が治まってきたからといって、飲むのをやめてしまうと菌が残っているかもしれず、再発する恐れがあります。

そのため、医師から出された薬がきちんと飲みきるようにしましょう。

溶連菌で仕事を休む期間はどれくらい?

会社の方にうつしてしまう可能性がありますので、病院で溶連菌と診断された場合、無理せず安静にし、1日でも早く治すようにしましょう。

処方された薬を飲めば、2日程度で感染力は低下しますので、2、3日はお休みするようにしましょう。

いつから出勤してもよいかどうかは、医師と相談するとよいでしょう。

溶連菌による合併症

溶連菌は合併症を引き起こす危険性が高く、死に到るケースもあります。

 

  • 【劇症型レンサ球菌感染症】「人食いバクテリア」と呼ばれる劇症型レンサ球菌感染症を発症してしまう可能性があります。

    怪我をしたところ等に皮膚や筋肉に感染すると、あっという間に傷口が広がり、皮膚が死んでいきます。

    進行が早いので、素早い手術で壊死した組織を取り除き、抗生剤を投与しなければなりません。

    数十時間で30%ほどの人が死亡する、とても危険な病気です。

  • 【急性糸球体腎炎】急性糸球体腎炎は、溶連菌を発症してから1~2週間後に血尿や蛋白がでる腎臓の病気です。

    症状が軽い場合は自然に治ることもありますが、重症化してしまうと入院が必要な場合もあります。

  • 【リウマチ熱】39度前後の高熱と関節が痛み、さらにリウマチ熱の患者の半数が心炎を起こす可能性があります。

    適切な処置が行われないと、命の危険もあります。

  • 【扁桃炎、咽頭炎】溶連菌感染症の合併症の中で、発症することが多い病気で、喉の強い痛みのために、食べ物などの飲み込みができなくなります。

    咽頭炎だけの場合は熱は出ませんが、扁桃炎を発症すると40度近い熱が出ます。

    抗生剤を飲む治療が中心で、点滴を打つこともあります。

まとめ

今回は大人でもうつる溶連菌の症状や原因等についてご紹介しました。

マスクや手洗いうがい等の徹底、日頃の健康管理に気をつけ、免疫力を低下させないようにするだけでも溶連菌にうつる可能性が低くなります。

もし、溶連菌にかかってしまった場合には、合併症を起こす可能性もありますので、無理をせず早めに休むようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ