★手荒れが治った!おすすめのハンドケア手袋紹介します!


最近、ようやく春らしさを感じられる陽気になってきましたね。

しかし、まだまだ寒い日もあって、乾燥もしているので、手荒れに悩まされているという方も多いでしょう。

手荒れには、ハンドクリームを塗ってハンドケアを行い、手袋をして寝るなどの方法もありますが、これは手荒れに効果はあるのでしょうか?

正しいハンドケアの方法でなければ、逆効果になってしまいますよね。

また、ハンドケアにおすすめの手袋というのはどのようなものがあるのでしょうか?

おすすめの手袋をすることで、手荒れの治りが早くなるのであれば、おすすめのものがよいですよね。

そんな気になる手荒れで悩む方におすすめハンドケア手袋ついてクローズアップ!

今回は『手荒れが治った!おすすめのハンドケア手袋紹介します!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

手荒れの原因は?

手荒れの原因としてまず挙げられるのが、乾燥です。

気温も湿度も下がる寒い季節は、肌が乾燥しがちになってしまいます。

肌の水分が失われやすく、皮脂の分泌も減ることで、バリア機能が低下してしまいます。

本来、手は皮脂腺が少なく、手のひらには全くありません。

バリア機能が低下すると刺激を受けやすい状態になるため、水仕事や手をよく使う・・・といった日常的な刺激に対しても敏感になり、手荒れにつながってしまいます。

手はボディと違って衣服に包まれていないですし、一日中よく使うパーツなので、荒れやすい部分と言えます。

ほかにも、アトピーやアレルギーなどの体質が原因となっている場合や、食べ物による肌トラブルなど内側からの原因などが考えられます。

さらに、食器洗いの洗剤も手荒れの原因のひとつです。

油汚れを落とすための洗浄成分が、皮膚の油分までを奪ってしまうことがあります。

またスッキリ洗うために熱いお湯を使う人も多いと思いますが、油汚れが落ちやすいということは手の油分も失われてしまっているんです。

毎日使うものですので、肌に優しい天然由来の成分を使ったものを選ぶようにしましょう。

着色料や香料などが無添加のものもおすすめです。

ハンドケア手袋の効果は?

肌荒れを予防や対処するためには、手肌の乾燥を防ぐハンドケアが必要です。

ハンドケアに手袋を使うと、一定の暖かさで乾燥を防いでくれる、かゆみで手を掻きむしるのを防ぐ、擦り傷や切り傷の保護などの効果があります。

通常、ハンドクリームなどを塗ってそのままでいると、ベタつきがないものを使用したとしても、何かを触る度に後がつかないか気になったり、手を洗ったりして、保湿ケアがとれてしまうと意味がないと思ってしまいますよね。

ハンドケア用手袋はそういった保湿ケアと組み合わせた場合でも、触れた箇所についてしまうという心配がありませんので、ストレスも軽減されます。

ハンドケア手袋の素材は何がよい?

薄手のビニール手袋の場合、比較的安価で手にフィットし作業がしやすく、手の保護という意味ではとても良い素材なのですが、通気性がありません。

そのため、長時間していると手がむれてしまいますので、長時間つけるのであれば、ある程度通気性があるものがおすすめです。

しなやかで、肌触りがよいシルク素材、または、伸縮性があり静電気が起こりにくい綿素材のような天然素材は通気性も良く、つけやすいため、長い時間使用する際のハンドケアの素材におすすめです。

市販されているハンドケア用手袋には、つけたままスマホが使えるスマホタッチパネル対応のものもありますので、いちいち外す必要がないため、おすすめです。

綿素材のものは、柔らかくて丈夫、通気性、かつ吸湿性にも優れており、手指をやさしく包みこみますので、気兼ねなく使いたい人におすすめです。

シルク素材のものは、肌触りは抜群で、通気性に優れています。

【スポンサードリンク】

ハンドケアおすすめの方法は?

ハンドケアの効果をよりあげる方法として、ナイトグローブを使用する方法もあります。

その方法は、ハンドクリームを塗った後に手袋をしたまま寝ることです。

ハンドクリームを塗った後に手袋をすると、潤いを与えたまま湿潤を保つことができ、手を汚すことも傷つけることもありません。

夜寝ている長時間の間湿潤を保ったままなので、朝目覚めた時にはしっとりとした手になっています。

やり方は、ハンドクリームと手袋を用意し、指でクリームをとり、幹部にクリームを塗ります。

手荒れのひどい箇所には、クリームを盛るように塗ります。

そして、ハンドクリームを塗り終えたら、手袋をして寝るだけです。

たっぷりクリームを塗った後に何を触ってもベタつくことがないのでとても便利です。

ちなみに、おすすめのクリームは、しっとり感が長く続くクリームタイプがおすすめです。

良質なハンドクリームは、濃厚なテクスチャーであってもベタつかないことが多いですので、塗って時間が経っても、うるおい感が続くハンドクリームを選ぶとよいでしょう。

また、NMF(天然保湿因子)を構成している成分のひとつでもある、尿素を配合しているハンドクリームは、肌の表面を柔らかく整えながらうるおいを与えてくれます。

ただ、傷口やひび割れなどの肌には、尿素がしみることがあるので注意しましょう。

他にも、肌をベールで包むワセリンやシアバターをベースにしたものや、血行を促進するビタミンEを配合したクリームなどもおすすめです。

まとめ

今回は、手荒れで悩む方におすすめハンドケア手袋ついてご紹介しました。

手荒れで悩んでいるという方は、ハンドケアよい手袋を使ってみてはいかがでしょうか?

また、日中手袋をするのが難しかったりする場合には、夜ハンドケアを行えるナイトグローブを使用するとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ