頭痛の原因は、台風!低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法とは?


頭痛の原因は台風?低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法ってあるのでしょうか?
風邪でもないのにいきなり頭痛が!原因は?
そんなときありませんか?
原因が分からず、どのような対処法をとっていいのか分からない。
また、よくある対処法としては痛み止めを飲むというものですが、薬を持っていないこともありますよね。
また、頭痛は少ししたら治るからと、我慢している場合もあります。
ちょっとしたことをするだけで頭痛が治る対処法があります。
さらに雨が降ると、頭痛がきたり古傷が痛むという人が居ます。
これは、低気圧によって引き起こされる台風が原因です。
なぜ低気圧によって引き起こされる台風が原因なのか?と疑問になりますが、実は頭痛と低気圧、台風には深い関係があったのです。
しかし、台風というのは自然な現象なので人間の力ではどうすることも出来ません。
そんなとき、簡単に出来る対処法があれば低気圧も台風も怖くありませんよね。

そこで、頭痛はなぜ台風が原因なのか、低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

頭痛の原因はなぜ台風なのか?

そもそも台風は、海上で発達した熱帯低気圧のことです。
この熱帯低気圧が頭痛を引き起こす原因なのです。
台風が近づいてくると、低気圧の影響で気圧に変化が起こり、空気が薄くなります。
空気が薄くなることによって、血管が膨張し頭痛を引き起こします。
脳の血管も膨張してしまいますので、頭痛に繋がります。
頭痛の他にもめまいや吐き気を引き起こす場合もあります。
登山などで標高の高い場所へ行くと空気が薄くなり身体に異変が起きます。
いわゆる高山病ですが、それと同じような現象が起きるというわけです。
この現象は、低気圧頭痛と呼ばれホルモンの関係により男性よりも女性のほうが引き起こしやすいです。

【スポンサードリンク】

低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法

低気圧が発生してしまうのは仕方ないことです。
では、低気圧によって引き起こされた頭痛はどのように対処すれば良いのでしょうか。
冒頭では、「痛み止めを飲む」と挙げましたが他の対処法もご紹介します。

 

  • ①とにかく安静に
    頭痛が起きた場合は、やはり安静にするのが良いです。
    動き回ると余計にガンガンズキズキしますよね。
    極力動かない方が良いでしょう。
  • ②氷水や冷たい水
    血の巡りが良くなると、痛みが増すので冷たい水や氷水を入れた袋を痛みが出ているところに当てます。
    すると、ウソのように痛みが和らぎます。
    患部を冷やすことにより、頭の血管の拡張を抑えてくれるので痛みが和らぎます。
    一度試してみて下さい。
  • ③カフェインを摂る
    カフェインは、血管を収縮してくれる働きがあります。
    それによって頭痛が和らぎます。
    しかしこれは、痛みが出てすぐは効果がありますが時間の経った痛みにはあまり効きません。
    ですのでこの方法を行う場合はなるべく早くするようにしましょう。
  • ④ツボをおす
    頭痛に効くツボは、手の親指と人指し指の分かれている付け根に抑えるとヘコミがあるのが分かります。
    そこを数秒抑えると頭痛が緩和されます。
    あとは、こめかみのヘコんでいる所を両方同時に指でぐりぐりと押します。
    これも頭痛を緩和してくれます。
  • ⑤痛み止め
    上記4つで、治らなければ痛み止めを服用しましょう。
    最初から痛み止めを飲む習慣がついてしまっては、いざという時に体が慣れてしまって効かなくなります。
    まずは、上記4つを試してみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?
低気圧による頭痛、よく偏頭痛とも言いますが偏頭痛は連続して3日以上は続かないとされています。
3日以上偏頭痛が続く場合には病院へ行くことをおすすめします。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ