★スマホ老眼とは?症状と対策!注意すべきポイントとは?


“スマホ老眼”という言葉、ご存知ですか?

老眼というと40代や50代といった中年期以降の症状だと思われがちなんですが、実は最近、スマートフォンの普及により、20代や30代でも、近くのものが見えにくくなる老眼のような症状が出る人が増えているんです。

そのスマホ老眼の症状はどのような症状があらわれるのでしょうか?

また、スマホ老眼にならないようにするための対策や注意すべきことはどんなことでしょうか?

対策や注意点を押さえておけば、安心ですよね。

そんな気になるスマホ老眼の症状や対策など注意点についてクローズアップ!

今回は『スマホ老眼とは?症状と対策!注意すべきポイントとは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマートフォンなどの携帯情報端末の長時間使用により「近くのものが見えづらい」「目がかすむ」などといった老眼に似た症状です。

老眼は、加齢によって眼の水晶体や毛様体筋が硬くなり、調節機能が低下することで、近くのものにピントが合いにくくなる状態です。

そして、スマホ老眼は、医学的には「調節緊張」と呼ばれるもので、近距離のスマホを見続けることによって、一時的に老眼のような症状が起こります。

長時間スマホを使用すると、近くにピントが合ったままで元に戻りにくくなり、スマホから顔を上げると、一瞬、遠くがぼやけてたり、見づらいと感じたりします。

また、このような状態が続くとピント調節が利かなくなり、近くもぼやけたり、見づらくなるという老眼のような症状が現れます。

ほとんどが一時的なものですが、繰り返すうちに重篤化したり、老眼を早める危険性も指摘されています。

スマホ老眼の原因は?

  • ブルーライトの影響

    パソコンや携帯、スマホなどのディスプレイからは画面の照度を高める、ブルーライトと呼ばれる光が発されています。

    ブルーライトとは、紫外線が多く入った光で、視神経や網膜にダメージを与えてしまいます。

  • ドライアイ

    集中して画面を見つめていると、まばたきの回数が少なくなり、涙の量が減少し、目が乾きやすくなります。

    そして、目が乾くことで、角膜や水晶体が傷つきやすくなり、ピントを調節する毛様体筋の活動が低下したり、筋組織が壊れたりします。

  • うつむきがちな姿勢

    スマホや携帯をよく使用する人は、姿勢がうつむきがちになります。

    うつむく姿勢が多くなると、眼球が下を向くことで目の内側からかかる眼圧が上昇し、毛様体筋が圧迫されたり、網膜から脳へ繋がる視神経が圧迫されて、視界が歪んだりします。

  • ストレス

    ストレスを普段から抱えていると、体内で活性酸素が大量に発生し、目の細胞や神経にダメージを与える場合があります。

  • 食生活の乱れ

    ビタミンやミネラルが不足したり、高血糖の状態が続くことが原因で、目の機能全体が影響を受ける可能性があります。

【スポンサードリンク】

スマホ老眼にならないためにはどうしたらよい?

  • こまめに休憩を入れる

    出来るだけ長時間連続でのスマホやパソコンの使用は避けましょう。

    目が疲れてきたら、一度手を止めて遠くを見ることもおすすめです。

  • スマホとの距離に気をつける

    スマホに顔を近づけすぎないようにしましょう。

    スマホから30cm〜40cmは離し、画面を見る方向は目が少し下を無垢くらいの角度が疲れにくいです。

  • ドライアイを防ぐ

    意識的にまばたきを行ったり、目薬をさしてパソコンやスマホの使用からくるドライアイを防ぐようにしましょう。

  • お風呂でホッとアイマスクをする

    入植した時に、お風呂の湯で目の周りをタオルパックします。

    こうすることで、油を分泌して涙が蒸発するのを防ぐ働きもあります。

  • スマホ照度は適切にする

    スマホは画像や文字が発光体なので、知らないうちに眼にダメージを与えてしまいます。

    スマホの画面設定を少し暗くしたり、夜はナイトモードに設定して使用することも効果的です。

まとめ

今回は、スマホ老眼の症状や対策など注意点についてご紹介しました。

最近は技術の進化で、スマホやパソコン、タブレットといった電子機器の使用が増えています。

目はとても大切なものですので、しっかりとケアを行いながら、目の健康を維持をすることが大切です。

ぜひ目を大切にしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ