★白髪が増えるのはなぜ?若白髪の原因と対策!白髪は減らせる!治せる!


大人になって年をとると白髪が出てきて増えるようにしまったり、
まだ大人ではないのになぜか白髪ができているという若白髪になってしまったなどの方がおりますが、
なぜ白髪が増えるようになってしまったりまだ大人ではないのになぜ若白髪になってしまったりなどの原因やその対策についてご存知ですか?

白髪は年をとれば自然に増えると思っていると思いますが、そもそもなぜ白髪が増えてしまうのかというと老化が原因ではなく病気でもありません。

白髪になることは大抵は老化が原因なのですが、この白髪が嫌な方は白髪に対する対策があります。
また若白髪についても何かの病気ではなくしっかりとした原因があり、若白髪に対する対策もあります。

ですので今回はその『白髪の増える原因と対策、また若者なのになぜ白髪になってしまうかという若白髪の原因と対策』について紹介します。

【スポンサードリンク】

なぜ白髪が発生するのか?

元々髪というのは白い色をしており、髪の毛が作られていく過程のなかでメラニン色素が自然に混ざっていく影響のため、髪の毛に色がついて生えてくるのです。

このメラニン色素はメラノサイトという細胞で作られており、髪の毛の場合であればメラノサイトは毛根の一番下の部分にあります。

メラノサイトがあれば自動的にメラニン色素が作られるというわけではなく、メラニン色素を生成する際には、チロシナーゼという酵素が欠かせないのです。

白髪が生えてくる理由はこのチロシナーゼが充分に働かず、メラニン色素が作られにくくなると、髪の毛に色をつけることができなくなり、その結果白髪が発生してしまうのです。

この白髪になる最も大きな原因は老化で、大人になって年を取ると毛根部のチロシナーゼの量が減ったり機能が低下することがあり、メラニン色素を作ることができなくなるので白髪が生えてきてしまうのです。

以上が白髪の主な原因です。

若白髪について

白髪は通常は上記のような身体の機能が低下してしまうなどの原因で発生してしまいますが、実は若者でもこの白髪が発生してしまい「若白髪」と呼ばれています。

この若白髪というのは最近増えておりますが若白髪になってしまう原因は大きく4つあります。

  • 1.遺伝
    若白髪の多くの原因は遺伝が原因と言われており、遺伝の場合ひと目見ただけで白髪と認識できるほど、白髪が目立つのが特徴です。原因は白髪が生えやすい体質を受け継いでしまうことや親子の生活習慣が似ることも原因の1つだと思われます。
  • 2.ストレス
    突然白髪が増え、何かストレスに思い当たるという方はストレスが原因の若白髪の可能性があり、その場合のストレスの発生源は環境の変化や、受験、知人の死などが多いようです。頭髪全体というよりは部分的に白髪が生え、ストレスが若白髪の特徴で、原因は強いストレスを受け頭皮や毛根の血行が悪くなることが白髪の原因となっています。
  • 3.ダイエットなどの栄養不足
    無理なダイエットをしている方や栄養が偏っている方に見られる若白髪で、原因は髪を黒くしたり、身体や髪の成長を良くする栄養が不足したりすることなどです。
  • 4.何かの病気や疾患
    遺伝やストレス、ダイエットなどの栄養不足などで心当たりが全くない場合は恐らく病気の可能性があるかもしれませんので白髪が急に増えだし体の不調を感じている場合は、早めに病院などの医療機関を受診することをおすすめします。

以上が若白髪の4つの原因です。

【スポンサードリンク】

それぞれの対策

次は白髪と若白髪の対策についてです。

  • ・白髪
    白髪は毛根にあるメラノサイトに栄養が行き届かなくなってしまうのが多くの原因なのでこのメラノサイトに栄養を行き届くようにすれば良いだけです。対策は簡単で食生活の改善や、睡眠、生活習慣を改善する事から始まります。サプリなどの薬品は必要なく、たったこれだけで白髪は黒髪へと元どおりになりますので、しっかりメラノサイトへ栄養が行き届くことができるような生活をしてください。
  • ・若白髪
    若白髪の場合は親の遺伝や生活習慣などが原因の可能性があるので食事、睡眠、運動の3つを改善した方が良いと思います。特に食事の場合は髪の毛の生成に必要なタンパク質と血行を良くするビタミンEを多く摂るように心がけ、適度に運動して血行を良くして、しっかり睡眠をして成長ホルモンを活発にしてメラニンの生成を行えるようにしてください。

まとめ

まとめとしては白髪は老化などの影響があり、若白髪は親の遺伝やストレス、栄養不足などの影響がありますが、
どの白髪も日々の生活習慣を見直して改善していけば白髪も若白髪も普通の黒髪へと元どおりになりますので、白髪や若白髪に困っている方は生活習慣見直してみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ