正座のしびれはなぜ起きるの?原因と対策とは?


あなたは、正座で足がしびれて立てない!

なんてことありませんか?

日本人ならば1度は正座で足がしびれてしまったことがあると思います。

しかし、正座をするとなぜ足がしびれるのでしょうか?原因は知っていますか?

私たちは、なんとなく足は正座をしたらしびれるものだと思っていましたが、なぜ正座をすると足がしびれるのか原因は知らない人が多いです。

また、正座だけではなく同じ姿勢をずっととっていると腰に電気が走るようなしびれが起こることがあります。

正座も、同じような姿勢を維持しますよね。

なぜ同じ姿勢を取るとしびれが起きるのでしょうか。

正座で起きるしびれも、腰に走るしびれも原因は似ているようです。
今でこそ、食卓がテーブルの家庭は多いですが正座をしなくてはいけない状況もありますよね。

そんなときに、正座をしてもしびれないようにする対策があれば嬉しいですよね。
そのためには、なぜ正座をすると足がしびれるのか原因を知らなければなりません。

そこで、正座のしびれはなぜ起こってしまうのかの原因としびれにくくする対策をご紹介します。

【スポンサードリンク】

正座でしびれが起こる原因

まず、正座をしたときの足の位置を考えてみましょう。

正座をすると、膝が曲がっている状態で床とお尻で足を挟んでいます。

つまり、上からも下からも圧迫し続けているということになります。
圧迫し続けることで、血流が悪くなり末梢神経に必要な酸素が運ばれなくなります。

さらに、皮膚に近い末梢神経の場合は直接圧迫されることになります。

そのような状態を続けていると知覚を司る末梢神経の機能が低下し、異常な電流が流れます。

これが、足がしびれたときのビリビリやジーンとした感覚になります。

また、腰や肩などの場合も、やはり末梢神経に関係があるようです。

同じ姿勢や無理な姿勢をしたりストレスなどにより、末梢神経が圧迫されしびれが起きることがあります。
しびれの起きる原因は正座の時と同じです。
しかし、正座のしびれの場合は足を延ばしていると勝手に治りますが、肩や腰の場合1度しびれてしまうと何度も同じ場所でしびれが起きてしまいます。

しびれが起きてしまった部分は温めたりマッサージしたりして、血流を良くしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

正座のしびれを起きにくくする方法

正座でのしびれは、圧迫され続けることで起きますので正座をしつつ足を動かすとしびれは起きにくくなります。

 

  • ①姿勢を正す
    正座をしている時、人は猫背になりがちです。
    そうなると、足への負担も大きくなりますので、背中をすっと延ばして姿勢を良くしましょう。
  • ②正座をする際、親指同士を重ねて座りこまめに左右の親指を上下交互に置き換える。
    常に動かすわけではないですが、数分間に1度は親指の上下を交互に重ねましょう。
    足を動かしているだけでしびれにくくなります。
  • ③重心を前後に動かす
    重心をときどき前後に動かすことにより、圧迫される部分は変わります。
    そうすると、しびれにくくなります。

*足がしびれてしまった時の対処法!
もし、足がしびれてしまったら足を延ばすのは恥ずかしいですよね。
そんなときは、跪坐(きざ)という座り方をしてみましょう。
跪坐の座り方は、膝をついてつま先を立てる座り方です。

これをすると、すぐに足のしびれが治りますし足を延ばすよりは目立たない方法なので、ぜひ1度お試し下さい!

まとめ

慣れない正座は久々にするとかなり苦痛ですよね。
しかし、大人ならば我慢しなければと思い必死に我慢していた人も多いのではないでしょうか。
次に正座をする機会がある人は今回ご紹介した方法をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ