★ピアスで耳が痒い!原因と対処法!ピアスホールのお手入れのやり方は?


ピアスをするために病院で耳に穴を開けたり、
市販で販売されているピアッサーで耳に穴を開けたりすると思いますが、

まだ耳にピアスの穴を開けたばかりのピアスホールは、まだ耳にピアスの穴を開けたばかりの状態の耳の穴なので、このピアスホールの手入れをサボってしまうと耳が痒いなどの状態になってしまいます。

耳が痒いなどの原因の多くはこの耳の穴の手入れを怠って汚れてしまっていたり、ピアスホールの手入れをサボってしまい汚れた状態でピアスホールをつけているからなので、その原因で化膿などのものが発生してしまいます。

耳が痒いなどで悩んでいる方は耳が痒いの対処法があり、この対処法を知って耳の痒い状態から離れましょう。

また耳のピアスの穴の手入れなどの痒い原因の対処法にもなれるピアスホールの手入れ方法もあります。

今回は『ピアスのために穴を開けた耳の痒い原因とその痒い原因の対処法、そかってピアスホールの手入れをして痒いなどの原因からの対処法などの方法』を紹介します。

【スポンサードリンク】

なぜ耳のピアスの穴が痒くなるのか?

耳のピアスの穴であるピアスホールが痒くなってしまうのには複数の原因があり、3つ予想されます。

 

  • 1.突然発生した金属アレルギー
    ピアスをつける前は金属などに触れると痒くなるなどの症状に全く縁がなかったのに、
    耳に穴を開けてピアスをつけたら耳が痒くなったなどの症状がでてきましたら、恐らく金属アレルギーになったのかもしれません。
  • 2.乾燥
    耳はもともと体の外側にあり皮膚も薄いので気温や湿度に影響を受けやすい部位なので、カサカサと乾燥してしまったおかげで耳が痒いなどの現象がでてきます。
  • 3.使っているシャンプーやコンディショナーが耳に合わない
    体調が優れていない状態で普段のシャンプーやコンディショナーを使っていたり、新しいシャンプーやコンディショナーを使用したりすると体や耳に合わなくなってカサカサして痒くなったり、

    また流しきれずに体に残ってしまったシャンプーやコンディショナーの液体が原因でカサカサして耳が痒くなってしまいます。

以上が耳のピアスの穴であるピアスホールが痒くなってしまう原因です。

耳が痒くなったときの対策

次は耳が痒くなったときの対処法です。

 

  • 1.突然発生した金属アレルギー可能性がある場合
    今までは金属アレルギーなどなかったのに突然金属アレルギーになってしまった場合は迷わず病院に向かって皮膚科へ受診してください。汗や体液などで僅かですがピアスの金属が溶け出していることがあり、そのせいでアレルギーが出てしまうことがあります。

    大抵は落ち着くことがありますが、下手をしてしまうと症状が進行して酷くなってしまう可能性が高いので病院へ行って受診するまで、ひどくならないように金属のピアスはつけないようにして透明なプラスチック製でできたピアスをつけておくと良いです。

  • 2.乾燥の場合
    乾燥によって痒くなってしまう場合は、まずお風呂などに入浴して体を綺麗にして清潔な状態にして、ワセリンや化粧水などを使用して耳に保湿をしてあげると耳がカサカサしなくなり、痒みなどもなくなります。耳の裏はアトピー性皮膚炎が発生しやすい場所なので、耳の皮膚がポロポロと落ちてきたら一度皮膚科へ受診してください。
  • 3.シャンプーやコンディショナーが合わない場合
    この場合は簡単で、単純に今使っているシャンプーやコンディショナーを変えて新しいタイプのシャンプーやコンディショナーを試してみてください。シャンプーやコンディショナーが流しきれなくて残っている場合は、次からはしっかり入念に全身を洗い流すようにしてください。

以上が耳が痒くなったときの対処法です。

【スポンサードリンク】

ピアスホールの手入れ方法

体を清潔にすることも大事ですが、耳のピアスの穴であるピアスホールの掃除も大事です。

ピアスホールは耳たぶに傷をつけて穴を開けて出来上がったものなのですが、人間の皮膚は自己治療力があるので穴を塞ごうとします。

しっかりとしたピアスホールが完成するまではプラスチック製のピアスをつけてピアスホールを維持するようにしますが、定期的に出来かけのピアスホールの周りをしっかり掃除しなかったりプラスチック製のピアスも綺麗にしないと、


いくら体を綺麗にしたり保湿を保ってもピアスホールが汚れては意味がないので耳の周りや耳たぶの奥を掃除したりプラスチック製のピアスを定期的に外してしっかり綺麗に掃除することが大事です。

まとめ

まとめとしては、もしピアスを使っていて痒いなどの現象が発生しましたら、

普段耳を綺麗にしていなかったり耳が乾燥している可能性がありますので、清潔にしてしっかり保湿をするようにしてください。

もしそれでも耳が痒いままでしたら恐らく金属アレルギーの可能性があるので、一度皮膚科へ受診した方が良いと思います。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ