★おならを我慢すると病気になる?おならがよく出る原因とは?


おならを我慢しすぎると病気の原因に?

先日会議中におならが急にしたくなり、一生懸命我慢しなければならなくてとても困りました。その日は体調が悪く、お腹の具合も少し調子が悪かったです。

一旦退出してトイレでおならをしてきたのですが、戻ってからもすぐにおならがしたくなり我慢できなくなるのです。

何回もトイレに行くわけにもいかずに、あとはひたすら下を向いておならを我慢して、あやうく我慢が原因で何か別の病気になってしまいそうでした。

おならを我慢しすぎると病気になると聞いたことがあったので怖かったです。

今回は、おならが出る原因や我慢しすぎると悪い理由(病気の原因)について調べてみましたのでご説明します。

『おならを我慢すると病気になる?おならがよく出る原因とは?』と題してご紹介します。

【スポンサードリンク】

おならが出る原因とは?

おならは、ストレスや食べ物と密接に関係しています。

おならが出る原因は、お芋など食物繊維の多い食べ物を食べ過ぎたことにより腸内でガスが出ることが理由と思われがちですが、実はおならの8割は生活で口から吸いこんだ空気です。

日常生活でストレスを感じやすく、空気を飲み込み過ぎている症状に「空気嚥下症」というものがあります。

これは日本人の約1/8程度がかかっていると言われる症状の一つで、空気を唾液と共に体内に取り入れて、「げっぷ」が出やすくなります。

「げっぷ」として口から排出されればよいのですが、一部が胃から腸へ送られ腸内ガスとなり、おならとして排出されます。

通常、おならとしてこの腸内ガスが排出される回数は、平均10回~20回程度ですが、ストレスが溜まっている人や食生活が乱れている人は、通常のおならの排出が不安定になり、回数が増えたり、においが臭くなったりします。

また、消化が悪いものを食べると腸の調子が悪くなりガスが出る原因になります。

芋などの食物繊維の大量摂取も腸内で発酵が起こりおならの原因になりますので注意してください。

おならを我慢すると病気に?

おならがしたくなって止まらなくなった時に、我慢しすぎるのは健康によくありません。

通常のおならの活動を自分から我慢してしまうと、おならのガス成分が体内(血液)に取り込まれて体に悪さをする可能性があります。

おならは恥ずかしがらず、出したいときに出すことを心がけてください。また、回数や量を減らしたい場合は食生活や運動を心がけてください。

【スポンサードリンク】

空気をたくさん飲みこまないために

おならの原因である空気を沢山飲み込まないための方法をいくつかご紹介いたします。

ストレスをためない

ストレスを感じやすい人は、普段の生活から余分な空気を飲み込んでしまうので、おならの原因になるものです。運動や気分転換などリラックスをこころがけましょう。

炭酸飲料をたくさん飲まない

炭酸飲料を大量に摂取すると腸までたどりついて腸内ガスとなり、おならの原因になります。過剰な摂取は控えてください。

熱い飲み物を飲み過ぎない

大抵の人は、熱い飲み物を飲むときに気をつけて少しずつ飲みます。ちびちび飲むと余分な空気を一緒に吸い込む場合があるようですので注意してください。

早食いはやめる

食事のときによく噛まずに早食いするクセがあるひとは、一緒にたくさんの空気を飲み込んでいる場合が多いようです。食事は落ち着いてゆっくり食べましょう。

まとめ

今回は、おならを我慢すると病気になる?おならがよく出る原因とは?と題してご紹介いたしました。

おならは食生活が乱れている時やストレスを感じやすい時に多くなる場合がありますが、通常でも人間は一日平均10回~20回はおならをします。

おならを我慢しすぎると、血液中におならのガスの成分が取り込まれて悪さをする可能性もありますので、おならは基本的にしたくなったら出すように心がけてください。

またおならの回数や量を減らしたい場合は、規則正しい食生活やリラックスを心がけるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ