★ノロウイルスに感染したら!症状があるときの食事は?いつから普通の食事に戻せる?


ノロウイルスは下痢や嘔吐といった激しい消化器症状が特徴の感染症で、感染したらとてもきついですよね。

ノロウイルスは何度でも感染することがあり、できればかかりたくありませんよね。

しかし、気をつけていたとしてもノロウイルスに感染してしまった場合、食事はどのような食事がよいのでしょうか?

また、いつから普通の食事に戻してよいのでしょうか?

それとも、普通の食事よりヨーグルトやゼリーなどがよいのでしょうか?

そんな気になるノロウイルスに感染した時の食事やいつから普通の食事でOKなのかついてクローズアップ!

今回は『ノロウイルスに感染したら!症状があるときの食事は?いつから普通の食事に戻せる?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは、1月から2月に流行すると言われていますが、実際年中感染の危険があります。

ノロウイルスは、ウイルスが原因で起きる感染胃腸炎で手指などについたウイルスや食品についたウイルスが腸管内で増殖する事により感染し嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れます。

ノロウイルスに特効薬はないので、基本的には自宅での治療となります。

ノロウイルスの時、消化器症状が強くでますので、食べ物や飲み物の摂り方に注意が必要です。

ノロウイルスの症状は、24時間~48時間くらいの潜伏期間の後、38度ほどの発熱を伴い吐き気や嘔吐、下痢が続きます。

ノロウイルスの時の食事は?

  • 嘔吐がひどい場合

    無理に食べずに水分だけ補給しておけばOKです。

    ただ、下痢や嘔吐の症状がひどいと、脱水症状に陥ることもありますので、水分補給だけは忘れないようにしましょう。

    また、ジュースや炭酸飲料は症状が悪化する可能性があるので避けましょう。

    スポーツドリンクなどがよいですが、スポーツドリンクがきついと感じるのであれば、水で薄めて飲むようにしましょう。

  • 下痢がひどい場合

    嘔吐感はなく、食ることはできるが、下痢がひどい場合、消化吸収のよいものを食べるようにしましょう。

    脂肪は、炭水化物やタンパク質に比べて消化が遅いため、胃や腸に大きな負担をかけてしまいます。

    オレンジなどの柑橘類は、刺激が強すぎますので、果物を食べるのなら、整腸効果のあるリンゴを下ろして食べるのがおすすめです。

    他は、おかゆやうどんなどがよいでしょう。

    また、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜を裏ごししてスープにしたり、煮物にして柔らかくして食べるのもよいでしょう。

    ・消化によい食べ物

    炭水化物(ご飯、パン、牛乳、餅)、タンパク質(魚の切り身、豆腐、卵)、野菜果物(長芋、山芋、バナナ、じゃがいも、カブ、キャベツ・・・など

    ・消化に悪い食べ物

    揚げ物、刺激物(香辛料、唐辛子)、食物繊維が多いもの(ごぼう、たけのこ、さつまいも)、果物(みかん、レモン、イチゴ、梨)・・・など

いつから普通の食事にしてよい?

基本的に、下痢の症状が治って、水便から通常の便が出るようになったら、普通の食事に戻してよいでしょう。

ノロウイルスの症状は、大抵2,3日もすれば治まりますが、症状が治まってすぐに、元の食事に戻すのはあまりよくありません。

下痢の症状が治っても、胃や腸が再び炎症を起こして、下痢や嘔吐になるか分からないため、完治しても1週間は、消化の良い食べ物を食べて、刺激物や脂肪分を避け、徐々にいつもの食事に戻すようにしましょう。

いつから普通の食事に戻してよいのかどうかは、症状の重さによって異なりますが、症状が治って2日後くらいから、「うどんに具を入れてみる」、「おかゆに卵を混ぜてみる」など少しずつ普通の献立に変えていくのがよいでしょう。

【スポンサードリンク】

症状が復活しそうな食べ物

  • きのこ

    食物繊維の多いきのこは要注意です。

    せっかく治ってきた下痢が復活してしまうので避けた方がよいでしょう。

  • 香辛料・油

    カレーなどの刺激の強い食べ物や、油を使った料理は症状が治まった後も、1週間は我慢した方がよいでしょう。

まとめ

今回は、ノロウイルスに感染した時の食事やいつから普通の食事でOKなのかついてご紹介しました。

ノロウイルスにかかった場合、嘔吐がひどい場合は、水分補給を必ず行うようにし、嘔吐はなく、下痢がひどい場合、消化がよい食べ物を摂るようにしましょう。

そして、症状が治まったあとも、急に普通の食事に戻すのではなく、少しずつ献立を増やしていくようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ