「冷えのぼせ」ってなに?冷え性との違いは?気になる症状と解消法とは!


”冷えのぼせ”という言葉を聞いたことはありますか?

ここ最近、冷えのぼせの症状で悩まされている人が増えてきているそうです。

冷え性という言葉は聞いたことがありますが、冷えのぼせとは一体なんなんでしょう?

冷えのぼせとは上半身に熱がこもりやすくなり、下半身が冷えてしまう症状になるようです。
通常、冷え性で冷え気味の方は手足を始め、様々な一部だけが冷たくなる症状がでますが、冷えのぼせの場合は下半身を中心に冷えが気になり、上半身には熱がこもったような感じになるそうです。
上半身と下半身で感じ方が違うのであれば、解消法や対策大変そうですよね。

では、この冷えのぼせになるメカニズムや原因でどのような症状が出るものなのか。

また、冷えのぼせと冷え性との関連性はあるのか。

そして、冷えのぼせの対策や解消法はどうすればいいのか。

気になる冷えのぼせにについてや冷えのぼせと冷え性の違い、対策、解消法まで一挙ご紹介!

今回は『「冷えのぼせ」ってなに?冷え性との違いは?気になる症状と解消法とは!』についてご紹介します。

冷えのぼせについてや解消法まで知っておけば、冷えのぼせの症状が出た時に安心できますね。

【スポンサードリンク】

冷えのぼせとは?

冷えのぼせとは、「冷え」と「のぼせ」という全く正反対の症状が同時に体の中で起こっている症状を指します。

下半身、あるいは手足の末端は冷たいのに対し、上半身の顔や背中がカッと熱くなってしまうのが冷えのぼせの主な特徴とされています。

他にもこのような症状があれば、冷えのぼせかもしれません。

 

  • ・上半身は冷えを感じないが、下半身は冷える
  • ・手足は冷たいが、頭は熱っぽくボーっとする
  • ・暖房の効いた部屋に入ると、顔が熱くなり汗をかく
  • ・手のひらや足の裏に汗をかきやすい

このような上半身が熱くて下半身のみが冷たくなるこの温度差は、体にとってはあまりよい状態ではありません。

冷えのぼせになると、頭痛が頻繁に生じる・頭がボーッとするなどの体の不調を引き起こしやすくなるのです。

【スポンサードリンク】

冷えのぼせの原因とメカニズム

冷え症は、夏の室内外の気温差や、季節の変わり目の気温差などが原因で、身体を冷やす事によって起こります。

冷えのぼせははそもそも、体が冷えやすくなることで起こります。

つまり、冷えのぼせのメカニズムは、冷え症と同じメカニズムなのです。

さきほど、冷えのぼせは冷えが原因とご紹介しましたが、他にも冷えのぼせになってしまう原因があります。

その原因を詳しく見ていきましょう。

 

  • 【おしりの筋肉が硬くなる】仕事上、長時間座っている事が多い方や、運動不足・加齢によって筋力が低下している方は、おしりの筋肉が硬くなってしまいます。

    お尻の筋肉が硬くなると、お尻のすぐ下にある「坐骨神経」を圧迫してしまうのです。

    坐骨神経を圧迫してしまうと、血行が下半身にうまく流れにくくなるため下半身冷えへに繋がってしまいます。

  • 【骨盤のゆがみ】姿勢が悪い方やいつも右か左に重心をかけて立ってしまう方など、骨盤がゆがみやすくなってしまいます。

    骨盤にゆがみが生じると、上半身から下半身へと本来スムーズに流れていくはずの血流がうまくいかず、下半身の体温が下がりがちになります。

    骨盤の歪みが酷いと、血行不良だけでなく、内臓機能の低下や月経前症候群の悪化など不調に繋がりますので、ご注意ください。

  • 【自律神経の乱れ】ストレスなどの影響により自律神経の乱れに継ががることがあります。

    また、自律神経が乱れやすくなってしまう原因として、ストレス以外にも日常生活ですと冷房や暖房が原因の場合もあります。

    自律神経の働きが乱れると、体温調節や血流コントロールに狂うため、冷え体質を招いてしまいます。

    例えば、冷房の効いたオフィスにて長時間体を冷やした後、暑い外へ出るなどを繰り返すことによって、自律神経はバランスを崩しやすくなってしまうのです。

冷えのぼせの対策、解消法について

 

  • 【身体を温める】冷えているのですから単純に温める事が効果的です。

    心と体をリラックスさせるぬるめのお風呂にゆっくりと入ったり、冷えを感じる足元は靴下の重ね履きなどを行い、温めるようにしましょう。

  • 【お尻の筋肉を柔らかくする】おしりの筋肉をほぐして下半身冷えを解消して

    日頃の運動の他にストレッチなど行うようにしましょう。

  • 【骨盤のゆがみを改善する】姿勢が悪かったり、どちらか左右に重心をかけている癖がついてしまっていると、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

    姿勢を正してまっすぐ立つようにしたり、骨盤を元の状態に戻すようなストレッチを行うようにしましょう。

  • 【精神的なバランスを整える】ストレスをできるだけためないようにしましょう。

    リラックス感を高める入浴剤を入れたり、好きな音楽を聴いてパワーをもらったり、信頼できる人に話を聞いてもらうなど心境は癒やす工夫をすることです。

冷えのぼせの方がやってはいけないこと

冷えのぼせの症状がある方は、単なる冷え症の方いますので、注意が必要です。

 

  • 【長時間の入浴】長時間の入浴は、のぼせ状態を誘発しますので、長時間の入浴は控えましょう。
  • 【タートルネックやハイネックの衣服】タートルネックやハイネックの衣服は、のぼせ状態を誘発し、発汗から冷えを誘発するので控えるようにしましょう。

まとめ

今回は冷えのぼせについて、主な症状や原因、解消法までご紹介しました。

冷えのぼせを放置しておくと、他の臓器などの働き、ホルモン分泌にも影響を及ぼしてしまいますので、きちんとした対策を行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ