マダニに人が刺されたら!?どんな症状?噛み跡でマダニと分かる?


みなさん、マダニについてご存知ですか?

布団やカーペットなどにいて、刺されるとかゆくなるダニを想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、家に生息する家ダニとマダニは大きな違いがあります。

実は、マダニは刺されてしまうと命の危険があるほど恐ろしいダニなのです。

マダニに刺されるとどんな症状がでるのでしょうか?

そして、噛み跡でマダニだと分かるものなんでしょうか?

マダニに刺されたときの症状や噛み跡などの判別方法を知っておけば安心ですね。
そんなマダニに刺された時の症状や、マダニの噛み跡で判別する方法など気になるトコロにクローズアップ!
さらに、マダニに刺された時に出た症状や噛み跡からの対処法までご紹介!

今回は『マダニに人が刺されたら!?どんな症状?噛み跡でマダニと分かる?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

マダニについて

まずはマダニがどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

マダニの生息場所は山の中や草むらなどです。

そして、主にマダニは山間部で野生動物のウサギやイノシシ、シカなどの動物に寄生して生きています。

ノミのようにジャンプすることができないので、宿主となる動物に乗り移るチャンスを植物の葉っぱなどから待ち構えているのです。

そして、動物の体に1週間ほど寄生して、吸血します。

一度吸血を始めると1週間も離れないのです。

吸血で数倍に膨れ上がったマダニはやっと宿主から離れ、そのあと脱皮と休眠期間に入ります。

通常マダニの大きさは3mmくらいですが、吸血すると1~1.5cmにも膨れ上がるのです。

【スポンサードリンク】

マダニに刺された時の症状は?

では、マダニに刺されてしまった場合、どのような症状がでるのでしょうか。

さらに、感染症など引き起こす可能性もあるので、注意深く見ていきましょう。

 

  • 【赤く腫れる】マダニ自体は小さいですが、噛まれた箇所が赤く、大きく腫れることがあります。
  • 【かゆくなる】蚊などと同じようにマダニに刺されると患部がかゆくなることがあります。

    さらにマダニの場合、痛みが発生する場合もあります。

  • 【痛みや高熱】噛まれた箇所は痛みが発生し、高熱になることもあります。

    噛まれて数時間から数日経過すると、38度以上の高熱を出すケースもあるそうです。

  • 【消化器異常や血尿】噛まれて数時間後や数日後は、消化器などに異常が出てきます。

    下痢などの症状に見舞われたり、血尿、血便が出る場合もあります。

  • 【重症熱性血小板減少症候群(SFTS)】2016年には、SFTSウィルスによる感染症が原因で、日本でも命を落とした人が確認されています。

    その致死率は最大で30%もあるんです。

    潜伏期間は、6日~2週間がり、SFTSウイルスを保有するマダニに噛まれると38度以上の高熱、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出てきます。

    治療法はワクチンや特効薬はないので、対処療法のみとなってます。

    従来は伝染しないものだと考えられていましたが、患者との血液からの感染も確認されています。

  • 【日本紅斑熱】感染症法において四類感染症に指定されている危険な感染症の一つで、刺されて重症になると死に至る可能性があります。

    潜伏期間は2日~10日間で、症状は「39度以上の高熱」、「全身の発疹」、「マダニに刺された箇所が大きく晴れる」の3つの特徴があります。

    SFTS同様、有効なワクチンが開発されておらず、治療法は対症療法のみとなっています。

  • 【ライム病】ネズミや野鳥など野生動物が所有しているボレリアという病原体がマダニを媒介して人間に感染してしまうのが原因の病気です。

    3?32日の潜伏期間があり、症状は感染初期と播種期(はしゅき)、慢性期の3つがあります。

    感染初期は、大きな赤い斑点が現れ、少しずつ大きくなります。

    また、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒などの症状を伴うこともあります。

    播種期(はしゅき)は、皮膚症状や神経症状、心疾患、ぶどう膜炎、関節炎、筋肉炎などの症状が現れます。

    慢性期は、感染してから数ヶ月~数年経った場合、慢性関節炎、慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性脳脊髄炎、角膜炎などになります。

マダニの対処法

恐ろしい病気になる可能性もあるマダニ。

処置をどうすればいいのでしょうか。

マダニに刺されても、あまり痛みや痒みを感じないので気付かない場合もありますが、血を吸い続けることによりマダニは大きくなるため気づくはずです。

マダニが自分の体を噛んで血を吸い続けてるとなると恐ろしいので、一刻も早く取りたいですよね。

でも、無理に引き抜いたり力ずくで取ろうとしないにしてください。

マダニの刺咬力は非常に強く無理に引き抜こうとするとマダニの体の方が先にちぎれ、マダニの口先が皮膚の内側に残る可能性もあるのです。

そして、マダニの頭部や口の部分が皮膚の中に残ってしまうことで、感染症の原因にもなるのです。

自分で無理に取ろうとせず、皮膚科にを受診するようにしましょう。

マダニに刺されない予防策

では、そもそも刺されないようにする予防策はどんなものがあるでしょう。

 

  • 【マダニの生息地に近づかない】山岳地帯、林野や森林、藪、草むら、水田、河川敷など広く生息しています。

    さらに、初夏から初秋の季節が最も危険です。

    アウトドアで山や森や藪などに入る場合は注意が必要です。

  • 【露出を減らし虫よけ剤を使う】山や森、草むらなどマダニがいそうな場所へ行く場合は、肌の露出を抑え、虫よけ剤を使うようにしましょう。

    虫よけ剤は蚊対策以外に、マダニにも有効なのです。

    さらに、夏は暑いので半袖半パンツだったりしますが、草むらなどに入る際は上着や帽子、手袋などを身に着けましょう。

    そして、帰ってきたらすぐお風呂に入り、全身をチェックしてマダニがいなければOKです。

まとめ

マダニに刺されると死亡する可能性もあるとは恐ろしいですね。
マダニが生息していそうな場所へ行く場合、しっかり予防を行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ