★喉の痛み・咳止めに効果あり!「はちみつ大根」の作り方!


最近、季節の変わり目や寒暖差が大きく体調を崩してしまい、喉の痛みや咳が出るという方もいらっしゃるでしょう。

喉が痛くて仕事に集中できなかったり、夜に咳が止まらず眠れないというケースもありますよね。

なんとか喉の痛みを改善、咳止めをしたいと思っていても、喉の痛みや咳止めに効果があるのは一体どのような方法が効果あるのでしょうか。

こんなときにおすすめしたいのが「はちみつ」なんです。

はちみつは、美容や健康に良い効果がいろいろとありますが、実は喉や咳を止める効果があるんです。

このはちみつに大根という食材をプラスするとより効果があると言われています。

はちみつ大根とは一体どのように作るのか作り方も気になりますよね。

できるだけお手軽な作り方だと作りやすいですよね。

そんな気になる喉の痛みや咳止めに効果がある「はちみつ大根」は、どのような作り方でどのような効果があるのかについてクローズアップ!

今回は『喉の痛み・咳止めに効果あり!「はちみつ大根」の作り方!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

はちみつの効果は?

 

  • 【喉の殺菌作用】風邪に限らず、咳や喉の痛みの大半は、ウイルスや細菌によるものです。はちみつには殺菌作用があるため、喉の痛みや炎症を起こす菌を殺菌してくれます。
  • 【粘膜を保護する作用】はちみつは、保湿効果がとても高いんです。そのため、はちみつの糖分には、喉を保湿してくれる効果もあります。

    さらに、はちみつ自体に殺菌作用がありますので、喉の粘膜を保護した上にウイルスや細菌を寄せ付けません。

  • 【免疫力アップ】はちみつは、さまざまなオリゴ糖が含まれていますので、からだの免疫力を高めてくれます。さらに、はちみつは腸内環境を良くする働きがあります。

    腸内環境を良くするということは、体の免疫に大きく関わっていますので、免疫力アップに繋がるんです。

    また、はちみつにはビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含まれています。

  • 【疲労回復】はちみつは、ブドウ糖や果糖といった体に必要なエネルギー源を多く含んでいます。体の疲れは免疫力を低下させてしまいますので、喉を治すためには、疲労回復の効果も大切になります。

    大根の効果は?

    大根の辛み成分には、炎症を抑え、咳を止め、殺菌の働きがあります。

    また、そのほかビタミンC、ミネラルなど風邪の諸症状や免疫強化に有効な栄養をたっぷり含んでいます。

    そのため、大根おろしもよし、はちみつ大根ならなおよし、ということになります。

    また、薬とは違いますので、妊婦さんでも安心して飲めます。

【スポンサードリンク】

はちみつ大根の作り方は?

 

  • 【用意するもの】・大根
    ・はちみつ
    ・保存ビンこの3つだけで作れます。
  • 【作り方】1. 大根を角切りにします。
    このとき、皮に近い方が栄養豊富ですので、なるべく皮付きのまま5mm〜1cm程度の角切りにして、ビンに入れます。2. 切った大根をビンに入れたあと、大根が被るくらいはちみつを入れます。

    3. フタをして、2、3日冷暗所に置き、大根の水分が出てくるのを待ちます。

    何日も待てないという方は、2、3時間置くと水分が出てくるのでそれを飲んでも効果があります。

    はちみつ大根のおすすめの飲み方は?

    はちみつ大根はそのまま舐めたり飲んでも効果はあるのですが、お湯で割る方法が一番効果的です。

    作り方は、マグカップに2cm程はちみつ大根を入れ、お湯で割るだけです。

    アレンジとして、生姜を入れてみるのもよいでしょう。

    少し多めの生姜をまんべんなく混ぜると、大根の風味も薄れて飲みやすくなります。

はちみつ大根の保存期間は?

はちみつ大根の保存期間は、3日〜1週間程度です。

はちみつ大根は日持ちがしませんので、早めに飲む(食べる)ようにしましょう。

また、1歳未満の赤ちゃんには絶対に飲ませないでください。
赤ちゃんは免疫力が低く、腸内環境が大人ほど整っていません。

また、はちみつに含まれるボツリヌス菌によって、ボツリヌス症という病気を引き起こす可能性もありますので、注意しましょう。

まとめ

今回は喉の痛みや咳止めに効果があるはちみつ大根についてご紹介しました。
喉の痛みや咳で悩まされている人は、ぜひ試してみてくださいね。

ただ、はちみつ大根は日持ちしないので、早めに飲む(食べる)ようにし、1歳未満のお子様には与えないように注意しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ