くしゃみの回数の噂 由来や意味って?


あなたはくしゃみをした時「誰かが噂している」と言われたことはありませんか?

科学的な根拠は全くないので、噂や迷信に過ぎませんがなぜ「くしゃみをすると誰かが自分の噂をしている」という噂が流れるようになったのか、その由来はご存知ですか?

ちゃんとした意味や由来はあるのでしょうか?

また、くしゃみの回数によってどんな噂をされているか分かるというのも聞きます。

例えば、1回目はいい噂、2回目は悪い噂など回数によって意味が変わってきます。

しかし、くしゃみは止めたくても止めれないことがありますよね。

そのことから、昔の人は悪い霊の仕業とか誰かが呪っていると考え、「人が呪っている」から「人が噂をしている」となったのが1番の有力な由来で、その回数の噂の意味ははっきり知らない人が多いと思います。

人によっても若干違いがありますし、何が正解かなんて分かりませんよね。

ただ、「昔からなんとなくそう言われていたからそうなんだと思っていた」「意味や由来なんて考えたことも無かった」と、思っている人が大半だと思います。

噂されているくしゃみの回数や意味、由来をご紹介します。

【スポンサードリンク】

くしゃみの回数の意味

くしゃみの回数の噂については、諸説あります。

  • ①一そしり二笑い三惚れ四風邪
    1度目は批判され、2度目は笑いものにされ、3度目は惚れられ、4度目は風邪という意味です。
  • ②一に誉められニにフラれ、三に惚れられ四に風邪をひく
    1度目は誰かに誉められいて2度目は誰かにフラれている。
    3度目は誰かに惚れられていて4度目は風邪という意味です。
  • ③一に誉められニに憎まれ三に惚れられ四に風邪をひく
    1度目は誰かに誉められ、2度目は誰かに憎まれ、3度目は誰かに惚れられ、4度目は風邪という意味です。
    よく聞く3つを挙げましたが、もっと他にも人によって色々あります。

3つ目と4つ目はどれも共通していますよね。
1度くしゃみをしたら3回目まではいきたいものです。
さらに、4度目以上はもう風邪だろうとなっているようですね。

【スポンサードリンク】

くしゃみの由来

冒頭でもお伝えしましたが、昔の人はくしゃみを不吉なものとして捉えていました。

身体の健康を害する予兆として恐れている人もいたようです。
なにか悪い霊の仕業とか誰かが呪っていると、昔の人はくしゃみ一つでそこまで考えていたんですね。

今は、くしゃみをしただけで「悪い霊の仕業だ」という人は居ませんが、そこから今のくしゃみの回数によって噂されていることが分かるというのが由来として繋がっていることはなんとなくわかります。

また、くしゃみという言葉の語源は「嚔め」という言葉から来ていて、呪文のようなものです。
昔の人はくしゃみを不吉なものとして捉えていたのでくしゃみをすると霊や呪いによって魂が抜け出てしまうと信じていましたので、くしゃみをした人に向かって呪文である「嚔め」と言っていました。

それがいつしかくしゃみになったといいます。

まとめ

現代では、風邪だけではなく花粉症やアレルギー性鼻炎をもつ方が多いので、このくしゃみの回数の噂はあまり聞かなくなりましたが、子供のときは友達同士でからかいあってよく言い合っていたものです。

ですが、なんとなく噂で聞いたことをそのまま言っていただけなので意味や由来などは全く気にしていませんでしたよね。

諸説はありましたが、花粉症やアレルギーでもないのに4回以上くしゃみが続くと、やはり風邪のようなのでくしゃみが出たら早めに病院へ行きましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ