★くしゃみを無理に止める体にどんな影響があるの?我慢するのはよくない?


家で一人でいる時などはくしゃみを出しても気にもしませんが、映画館など静かな場所でのくしゃみってちょっと気にしてしまいますよね。

鼻がむずむずしてきた時に、くしゃみを止めること、くしゃみを我慢することはできるのでしょうか?

でも、くしゃみを無理に止めると体に悪影響があるから、我慢するのはよくないなど聞いたことありませんか?

確かに我慢して、くしゃみを止めるよりは「ハクショーン」と出してしまった方が気持ちがいいですよね。

かといって、くしゃみを我慢することで体に何か影響があったら嫌ですよね。
気になるくしゃみを無理に止めることで体にどんな影響があるのか、そして、我慢することは良くないのかについてクローズアップ!

今回は『くしゃみを無理に止める体にどんな影響があるの?我慢するのはよくない?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

なぜくしゃみは出る?

そもそもくしゃみはなぜ出るのでしょう?

くしゃみは花粉症などアレルギーによるものや風邪によるもの、鼻炎によるもの、鼻の穴に埃が入ったなどいろいろな理由が考えられます。

ほかにも、温度差によってもくしゃみが出る場合があります。

朝起きて布団から出るとくしゃみが出たことがあるという経験をしたことがある方も多いと思います。

これらくしゃみは、基本的には体にいろいろな細菌などが入り込んでしまうことを拒絶しているためなのです。

自動的に体を守ろうとしているんです。

くしゃみは体を守る上でかかせない大事な行為なのです。
ちなみに、噂をされているとくしゃみが出ると言われますが、あくまでも迷信ですので、具体的な原因ではありません。
また、くしゃみがなかなかおさまらないときはアレルギー性鼻炎の可能性もありますので、病院で検査を受けましょう。

くしゃみを止めると体に悪影響がある?

くしゃみを止めると体に悪いと聞きますが、実際はどうなんでしょう?

 

  • 【体外へ排出したいものが排出できない】くしゃみは体の中のウイルスやほこりなどの体によくないものを体の外へ排出してくれますが、くしゃみを我慢するとウイルスなどが体に留まってしまいます。そのために、風邪をひきやすくなったり、花粉による症状がひどくなる場合があります。

くしゃみを止める方法

くしゃみを我慢して止めるのは体によくないのは分かりましたが、映画館などどうしてもくしゃみを止めたい時はどうしたらいいのでしょう?

 

  • 【風薬、鼻炎薬を服用する】風邪や鼻炎の場合、アレルギーでくしゃみが出ている可能性がありますので、病院に行って処方箋を出してもらいましょう。
  • 【くしゃみに効くツボを押す】

    ・鼻の下

    鼻の下を強く抑える事で一時的にくしゃみを抑えることができます。

    ・小鼻の横

    小鼻の窪んでいるところを左右両方とも同時に両手で数回押さえます。

どうしてもくしゃみだが出そうな時には、ハンカチやタオルで口を覆うことで、音を抑えることができます。

くしゃみが出るときに鼻をつまんで、止めようとする方もいるかもしれませんが、鼻をつまむと鼓膜が破れる可能性がありますのでやめましょう。

鼻をつまむことで気道の空気圧が高まり、鼻とつながっている部分に急激な圧力がかかるので鼓膜を始め、咽頭の骨折や目の腫れる場合があります。

【スポンサードリンク】

くしゃみを出す方法

鼻がむずむずしてくしゃみが出そうで出ないという状況だとスッキリしませんよね。

そこで逆のくしゃみを出す方法をご紹介します。

 

  • 【強い光を見る】太陽や電気を見たら、鼻がむずむずした経験はありませんか?長時間見続けるのはおすすめできませんので、一瞬見ましょう。

    なぜ、光を見るとくしゃみが出るかと言うと、光を目にした時に刺激を受ける神経細胞が、その近くにある鼻水の分泌を司る神経細胞にまで到達しているせいなのです。

  • 【鼻の中を刺激する】ティッシュを親指と人差し指で、できるだけ細く長くねじりこよりを作り、鼻の中を優しく刺激します。よくテレビ番組でも見かけたこともあるかと思いますが、鼻の穴の中の壁に触れるか触れないかくらいで、左右に揺らしたり、指で転がしながらクルクルと回します。

そうすると、鼻の奥が刺激されることによって、くしゃみが出やすくなります。

まとめ

今回はくしゃみを止める方法と体への影響についてご紹介しました。

くしゃみは我慢するよりもなるべく自然に出してしましましょう。

くしゃみを止めようとする際には、薬やツボ押しなど試してみましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ