薬に頼らない花粉症対策!花粉症に効果的なのは乳酸菌・レンコン・ワセリン!?


春になると花粉症に悩まされている方も多いでしょう。

メガネやマスクなどの対策をしても、目の痒みや鼻水が止まらないなどで悩まされているかと思います。

花粉症の薬など市販の薬でたくさん種類はありますが、副作用があったり、薬が合わなくて体調不良になったり・・・。

できれば薬に頼らず、なんとか花粉症でも薬に頼らない対策はないものか。

花粉症に効果的なものは一体なんでしょう。

ワセリンやレンコン、乳酸菌が効果的と聞いたけど、なぜそう言われているのでしょう。

また、花粉症に対して、乳酸菌・レンコン・ワセリンはどのような効果があるのでしょうか。

気になる薬に頼らない花粉症対策についてや、花粉症に効果的な乳酸菌・レンコン・ワセリンについて一挙大公開!

今回は『薬に頼らない花粉症対策!花粉症に効果的なのは乳酸菌・レンコン・ワセリン!?』についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

花粉症にはワセリンが効く?

花粉症は、花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによってくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどが引き起こされます。

それを防ぐのが、ワセリンが効果的なんです。

【粘膜の保護】

ワセリンをまぶたや鼻に塗ると、粘膜への侵入を防ぎ、かゆみから守ってくれます。

【肌への接触を避ける】

ワセリンを塗っておくと、花粉を吸着させ肌への浸透を防ぐ役目があります。

そのため、花粉による肌荒れや炎症を未然に防ぐことができます。

【肌の保湿効果】

花粉症で何度も鼻をかんだり、鼻水が止まらなかったりするため、鼻の下が乾燥して赤く腫れあがったりしてしまいます。

そんな時もワセリンを塗っておくことで回避できます。

ワセリンの使い方

ワセリンの使い方はとても簡単です。

【鼻の中に塗る】

綿棒など使って鼻の中にワセリンを塗りましょう。

【鼻の周りに塗る】

花粉の侵入を防ぐ効果と、鼻のかみすぎると鼻の下が赤くなったりしますが、保湿効果によって赤くなるのも防いでくれます。

【目の周りに塗る】

目に花粉が入るのをある程度防いでくれます。

花粉は皮膚に当たってから体内に入ることが多いので、ワセリンが花粉をキャッチしてくれるのです。

ワセリンは塗ってから、しばらくすると薄まってきます。

そのため、こまめに塗る方が効果的です。

気づいた時に、ワセリンを塗るようにするとよいでしょう。

花粉症にいい食べ物は?

花粉症は、異物(花粉)が体内に入って免疫細胞が過剰反応するアレルギー反応です。

そのため、花粉症を軽減するためには、免疫反応を抑え、免疫力を高めることが重要です。

何の食べ物がよいのか見ていきましょう。

【ヨーグルト】

ヨーグルトが何故よいかというと、ヨーグルトの乳酸菌が関係しています。

腸は細胞内に必要な物質を取り込むために、様々な免疫物質が多く存在しています。

腸内の免疫物質を正常に働かせることにより、体全体の免疫力を正常に保つことができます。

それにより、花粉に対する過剰な反応を抑えることができます。

即効性を期待するのではなく、普段の食生活の中に取り入れてヨーグルトを食べるとよいでしょう。

【レンコン】

レンコンに含まれるタンニンが抗酸化作用や、免疫を強化する働きがあるので、アレルギーの緩和に効果があるそうです。

また、レンコンにはムチンという成分が含まれており、ムチンには外部の刺激や花粉から人間のさまざまな器官を守ってくれる作用があります。

さらに、レンコンは食物繊維が豊富です。

食物繊維を摂取すると腸に善玉菌が増えるので、腸の調子を整えてくれます。

【スポンサードリンク】

その他に効果がある食べ物や飲み物は?

・しそ
しそは、αリノレン酸と言うものが多くに含まれていますので、抗アレルギー効果に期待できます。

・わさび
わさびにはわさびスルフィニルRという成分が含まれていているため、花粉症の症状を和らげる効果が期待できるそうです。

・玉ねぎ
玉ねぎの辛み成分の硫化アリルは、切った時に「チオスルフィネート」と言う成分に変化します。

そして、この成分はアレルギー対策となる抗ヒスタミン作用があり、花粉症に効果があります。

・キノコ類
キノコ類は、免疫力を向上させるビタミン類が豊富に含まれています。

・緑茶
お茶にはポリフェノールのカテキンを多く含んでいます。

このカテキンは抗酸化作用、抗ヒスタミン作用があって目や鼻、喉の炎症を抑える効果があると言われています。

・黒酢
黒酢に含まれているアミノ酸が目のかゆみや、鼻づまりの症状を緩和してくれます。

まとめ

今回は、薬に頼らない花粉症対策についてご紹介しました。

薬だと副作用が出たり、なかなか自分に合う薬がないといった方、ぜひ薬に頼らない花粉症対策を始めてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ