★紅茶の効能!実はこんな効果があった!種類もたくさん!自分に合った紅茶の選び方!


味わいや香りを楽しむ飲み物として世界中から愛されている紅茶ですが、実は健康や美容など様々な効果があるのをみなさんご存じでしょうか?

紅茶の効能は幅広く、健康、美容、ダイエット、病気予防などの効果がある。

でも、どの紅茶の種類がそれぞれどんな効果・効能があるのか。

紅茶の選び方や、自分に合っている紅茶の種類や選び方はどうしたらよいのか。

気になる紅茶の種類、効果・効能についてや自分に合った紅茶の選び方についてクローズアップ!

今回は『紅茶の効能!実はこんな効果があった!種類もたくさん!自分に合った紅茶の選び方!』についてご紹介します。

紅茶の種類別に効果、効能や選び方そして、飲み方まで教えちゃいます。

【スポンサードリンク】

紅茶の効果・効能

紅茶は実はたくさんの効果・効能があるんです。

その効果・効能について見ていきましょう。

 

  • 【抗酸化作用】紅茶には美容や健康を脅かす活性酸素を除去してくれる紅茶フラボノイドやテラフラビンが含まれます。

    活性酸素を除去することによってメラニン色素の増殖や老人性シミなどの肌のトラブルを抑えることができるんです。

  • 【抗菌作用】紅茶カテキンや紅茶フラボノイドには殺菌作用があり、コレラ菌などの一般的な食中毒の細菌に対しても殺菌効果があることが確認されています。

    乳酸菌やビフィズス菌などの良い菌には影響を及ぼさず、腸内環境にも優れた効果を発揮します。

  • 【リラックス効果】紅茶にはコーヒーほどではないですが、カフェインが含まれています。

    カフェインには疲労回復やストレス緩和、覚醒作用、中枢神経の興奮、強心作用、抗喘息作用、利尿作用などがあります。

    カフェイン単体で摂るよりも紅茶で摂る方が効果が柔らかいので、適度な疲労回復やストレス緩和が見込めるんです。

    さらに、紅茶の香りには、リラックス効果があるそうです。

    そのため、飲むほどにリラックス効果が高まるので、仕事や家事でイライラした時にはピッタリです。

  • 【健康促進効果】残留農薬や環境ホルモンなどを、紅茶ポリフェノールへの吸着とカフェインの利尿効果によって体外に排出しやすくしてくれます。

    さらに、体内の新陳代謝であるミネラルを紅茶から摂取することができます。

    特にカリウムが豊富に含まれてますので、体内のナトリウム(塩分)を排出しやすくしてくれるので脳卒中予防にも繋がるそうです。

    そして、紅茶にはビタミンB1やB2、ナイアシンが含まれているので、二日酔い対策をすることもできます。

  • 【ダイエット効果】紅茶には利尿作用があり、ミネラル、カリウムが豊富に含まれていますので、体内の余分な水分・塩分を体外に排出してくれます。

    そのため、むくみや減量を対策することができます。

    さらに、紅茶に含まれているカフェインには脂肪の燃焼を促進する作用があり、紅茶カテキンには糖分分解酵素があるのでダイエットに最適な飲み物であると言えます。

    紅茶でダイエットの効果効能を得たいなら、砂糖・ミルク・甘い茶菓子を一緒にたくさん摂らないよう注意しましょう。

【スポンサードリンク】

紅茶の種類

お店で必ず目にする紅茶がありますよね。

でも、それぞれの特徴について知ってますか?

紅茶の種類について見ていきましょう。

 

  • 【セイロン】セイロンとは、スリランカで採れる紅茶を指します。

    最も紅茶らしい紅茶とされ、爽やかな渋みを感じます。

    ほんのりと柑橘系の香りがする透き通った味で、ミルクティーやストレートティーなどを楽しみたい人におすすめです。

    アレンジティーにあう「キャンディ」、世界三大紅茶のひとつ「ウバ」、特徴的な渋みの「ディンブラ」など地区によって種類もあります。

  • 【ダージリン】インドのベンガル州北部ダージリン地方の紅茶のことを指します。

    マスカットフレーバーが特徴的で、さっぱりとして若々しい渋みを感じる飲み口でストレートティーを楽しみたい人におすすめです。

  • 【アッサム】インド北東部アッサム地方の紅茶を指します。

    コクのある強い味わい、芳醇な香りで、セイロンやダージリンに比べると色も濃厚です。

    ミルクティーを楽しみたい人におすすめです。

これら、よく目にする紅茶の種類の他にもいろんな種類がありますよね。

紅茶の専門店に行くと、ずらっとならんだ紅茶の保存缶が目に入ると思いますが、たくさんありすぎて迷いますよね。

しかし、片っ端から飲むというのも大変です。
まずは自分の好きな紅茶のタイプをご紹介した3つの産地別から絞り込みましょう。
ダージリンが一番美味しいと感じたとしたら、紅茶を選ぶ時に「産地ダージリン」もしくは、ダージリンをブレンドしているものを選びましょう。

他に自分にあった紅茶の選び方として、飲み方から絞り込む方法もあります。
一般に、ダージリンやニルギリ、ディンブラといった産地の紅茶はストレートで飲むと美味しさがよく分かるそうです。
逆に、アッサムやセイロンなどの紅茶はミルクティーにしても紅茶の味がミルクに負けないのでより相性がいいそうです。

まとめ

今回は紅茶の効能や自分にあった紅茶の選び方についてご紹介しました。

ぜひ紅茶を楽しみつつ、紅茶の素晴らしい効能・効果を得ましょう!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ