口内炎は食べ物で治る?原因はストレスかも?


口内炎はなぜできる原因は何?治るまでは食べ物もストレスに感じるのでしょうか?

ほとんどの人が一度はあるだろうという中の一つに口内炎があります。

私も何度かできたことがあるので、食事のときに結構困ったという記憶があります。

年齢や性別などに関係なく口内炎の経験がある人が多いといいますがいかがですか。

実際に周りの人の中にも口内炎ができて痛いんだよね~という話が結構多いです。

口内炎ってほっぺの内側や歯茎、舌など口の中の色んなところにできるんですが。

ちなみに私は舌にできたことがありました。結構気になるモノですよね!

口内炎って、傷つけたところが炎症したという原因でできるみたいですが、炎症の症状になる原因も探してみると数日前に食べていた時に魚の骨が歯茎に刺さったなどということがあったりします。
このようなことは知ってましたか?

傷ができたところへ細菌が入り炎症を起こして赤くなったり、腫れ物ができたりとなっていきます。

歯医者さんで教えてもらったことですが、歯ぎしりをする人や普段も食いしばっている人は、無意識に頬を噛んでいたり、歯茎に負担をかけ過ぎるのだと言っていました。

知らず知らずのうちに口の中では大変な状況になっているということになりますね。

たとえ口内炎ができても炎症やストレスなどが原因で出来たものは数日すれば治るモノがほとんどです。

出来ている間は少し不便なだけですけどね。

よく唾を付けておけば良くなるなどと言う言葉もあるのに、なぜ?唾のある口の中が炎症となるのでしょう?

不思議ではありませんか?

歯磨きもし、人によっては舌の汚れも取る、ごま油で毎日クチュクチュもしていても細菌に入り込まれて炎症を起こす。

それほど口は食べ物や空気の出入り口として菌も自然に入る為に小さな傷があると炎症につながる可能性が高くなるということですね。

菌に負けてしまうほど体が疲れていてストレスがあったり、または栄養が偏っているなどの可能性も考えられます。

他に考えられることとして口がいつも半開きの人やたばこなどの本数が多い人は口の中が渇いていることがありませんか?
本来であれば口の中は唾液がある状態ですが、乾燥してて唾液量が減っているということが口の中としてはあまりよい状態ではなくなります。
もし口内炎が出来てしまったとしたら
口内炎のときに食べるといいものはと聞かれたら、私はブドウをお勧めします。

そこで今回は『口内炎は食べ物で治る?原因はストレスかも?』と題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

口内炎のときに食べるといいものは

口内炎ができている時はあまり食べたい気分でもありませんね。

食べたいけど痛いという感覚を思い出してしまうので、どうしてもお腹がすいてるとき以外は

意外にも食欲が出なくなることがあります。

口内炎ができたときはブドウがおススメです。

ブドウにはクエン酸も含まれていますし、ビタミンB1・C、カリウム、カルシウム、リン、ミネラルなどといろんなものが含まれていますし、ある程度お腹も満たされます。

疲労回復や若返りにほんのちょっとしたお手伝いになるカテキンやアントシアニンと言うようなポリフェノールがたっぷり入っているとも言われています。

まぁ~数日間ブドウばかりと言うのはいけませんが、食べやすい食品の一つとしてお考えいただけるといいですよね。
いかがでしょうか?いくら良いからと言っても毎日食べすぎるのは逆効果になると思いますから
少しの量をいただく程度なら口内炎だからとかではなく普段でもお勧めしたいです。

ただし
干しブドウにしたものは意外にも内臓の中で水分を奪うので、ドライフルーツなら生のブドウよりもさらに少量!

【スポンサードリンク】

一般的ネットにある口内炎にいいという情報

ビタミンB2だと・・うなぎや納豆
ビタミンB6だと・・ニンニク、まぐろ、カツオ、鶏のささみ
ビタミンCだと・・ピーマン、レモン、キウィフルーツ

それぞれのビタミンには他にもいろいろあります。
果物や野菜は熱を加えたり水洗いしてるときにビタミンが壊れたり流れたりすることが多いです。
長時間だったり強い加熱を避ける工夫をしてみましょう。

最後に

口内炎になってからではいろいろ不便もあります。

食事のときだけではなく話をするときにも引っかかる時があります。

そして気になるためにいつも口内炎のあたりを舌などで刺激してしまいます。
よけいにイライラする原因となるでしょうけども

口の周りや口の中にデキモノが出来たとき、私は自分の会話、言葉などを振り替えます。

すると結構、自分の問題点が見つかったりするということもありました。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ