★子供が夜寝ない原因は?イライラしないための対策!生活習慣を見直そう!


子供が夜なかなか寝てくれない。

と子供が寝ないことに悩まされている方も多いのではないでしょか。

仕事や育児や家事に疲れているのに、子供がなかなか寝ないとなるとイライラしてしまいます。

これが毎日となるとイライラ度合いも結構きついものです。

さらに、子供の成長にも何か問題が出てきそうなので、心配にもなります。

子供がなかなか寝ない原因は一体何でしょうか。

寝ない原因は生活習慣なのでしょうか。

子供が夜寝ないNG習慣を見直してみましょう。
その生活習慣が、子供が寝にくい原因を作っているのかもしれません。
原因が分かり、それはちゃんとした対策によって改善されるものなのでしょうか。

また、子供が寝ない時にイライラしない対策はどんなものでしょう。

気になる子供が寝ない原因や、寝ない時にイライラしない対策、そして簡単にできる快適な睡眠を促す生活習慣についてまでを一挙ご紹介!

今回は『子供が夜寝ない原因は?イライラしないための対策!生活習慣を見直そう!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

子供が寝ない原因は?

では、さっそく子供が寝ない原因について見ていきましょう。

子供が夜なかなか寝てくれない原因は主に5つあります。

そのほとんどは生活を見直すことで解決できるようです。

 

  • 【原因1:体力が有り余っている】子供の体力って小さい体の割にとてもパワフルですよね。

    そのため、日中に知力や体力を使うことで、頭と体を疲れさせることが必要です。

    夜きちんと寝てもらうには、出来る限り外出した方が良いのです。

    さらに、ちょっと外気に触れるだけで、心を静める鎮静作用もあるようですので、できるだけ外に出たほうが良いそうです。

  • 【原因2:昼寝のし過ぎ】昼寝のし過ぎでも、夜に寝なくなってしまいます。

    ・0歳~1歳
    午前と午後の2回(4時間程度)

    ・1歳~3歳
    午前か午後のどちらか1回(2時間程度)

    ・3歳以上
    お昼寝なしでもOK

    3歳未満にはお昼寝は必要なので、お昼寝は悪いことではありません。

    しかし、昼寝なのに2時間以上も寝てしまったり、夕方の16~17時まで寝てしまったりすることで、夜に眠れなくなってしまいます。

  • 【原因3:朝起きるのが遅い】朝は何時に起こしていますか?

    朝は大体6、7時頃に起こすのが理想的です。

    8時だとちょっと遅いようです。

    さらに、太陽の光を浴びせることで体内時計を正しくすることができますし、1日のリズムも作れます。

    大人もそうですが、夜早く眠るには夜早く寝ようとするよりも早寝早起きのリズムを作ることが大切です。

    もし起こしてもなかなか起きない場合とは、光や音などの刺激をあたえたり、体を動かして顔を洗えば目が覚めるものです。

  • 【原因4:晩御飯の時間やお風呂の時間が遅い】晩ご飯は寝る時間の3時間前までに済ませた方が良いです。

    食べてすぐは寝てくれないし、仮に寝ても消化に時間がかかってしまい寝苦しさから夜泣きになることもあります。

    また、お風呂も寝る1、2時間前までに入った方が良いです。

    お風呂で温まってちょうど体温が下がる時に布団に入れるのがベストです。

    副交感神経が優位に働きリラックスして寝つきが良くなります。

  • 【原因5:寝る前にTVやスマホを見せる】眠る前にテレビやスマホを見ることによって、脳が興奮して眠りにくくなってしまいます。

    さらには、体内時計を調整する「メラトニン」の分泌も抑えてしまいます。

【スポンサードリンク】

子供が睡眠不足になるとどうなる?

子供が睡眠不足になるとどうなるのでしょう?

実は夜遅くまで起きて、睡眠不足が続くといろいろな問題がでてきます。

 

  • 【成長ホルモンの分泌が少なくなる】寝る子は育つというのは、成長ホルモンがよく出るからです。

    成長ホルモンは子供が成長するために、とても重要なホルモンです。

    成長ホルモンは睡眠時に分泌量が増えるので、睡眠障害になると成長に大きな支障が出てきます。

  • 【生活習慣病のリスクが上がる】子供の頃に睡眠不足になると、将来の肥満のリスクが上がってしまいます。

    肥満は他に高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化など生活習慣病を引き起こしやすくなります。

  • 【脳の発達に影響が出る】きちんと睡眠時間をとることで、脳が発達し、学力が向上します。
  • 【免疫力が落ちる】睡眠不足になると、常に疲れが残った状態になりがちになります。

    さらに疲労が蓄積すると、体調不良や免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

まとめ

今回は夜子供が寝ない原因や、生活習慣の見直しなどの対策いついてご紹介しました。

子供の睡眠は大人よりも睡眠が浅いのです。
そのため、あまりイライラしすぎないようにしましょう。

子供がなかなか夜寝てくれなくて困っている方は、簡単にできる生活習慣から取り入れてみましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ