★寒暖差アレルギーとは?その症状と原因、対策を教えます!


冬や夏の季節は、屋内と屋外の寒暖差が激しくなりますよね。

この季節に、風邪でもないのに鼻水や頭痛がしたり、皮膚がかゆくなったりじんましんが出たりすることはありませんか!

季節の変わり目だし、風邪が原因かと思いがちですが、毎年同じような時期になると、同じ症状が現れていたりとか。

それ実は、寒暖差アレルギーのせいかもしれません

寒暖差アレルギーとは一体なんでしょう?

また、寒暖差アレルギーの症状や原因は一体なんでしょうか?

そして、寒暖差アレルギーの対策はどのような対策をしたらよいのでしょうか?

そんな気になる寒暖差アレルギーの症状や原因、対策についてクローズアップ!

今回は『寒暖差アレルギーとは?その症状と原因、対策を教えます!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは、寒暖差(気温差)によって生じるアレルギー反応のことを言います。

ただし、寒暖差アレルギーの発症にアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)とは関係がなく、アレルギーと言いながら、実際は自律神経の乱れによって引き起こされます。

つまりは、寒暖差アレルギーは激しい気温の差によって、アレルギー症状に似たものを起こすことなんです。

そのため、普通の風邪やアレルギーのように細菌が悪さをしているというわけではありません。

普通、私達の体は寒いところに行くと血管が収縮し、逆に暖かいところでは血管が拡張するようになっています。

寒いところから急に暖かいところへ行った時や、気温の変動が急激な時などは、この血管の収縮・拡張の働きに狂いが生じてしまうことで、様々な症状が現れてしまうんです。

【スポンサードリンク】

寒暖差アレルギーの原因は?

気温が下がると、空気まで冷たくなりますね。

しかし、冷たい空気で体が内部から冷えてしまったということはありません。

鼻に入った空気が粘膜により体温と同じ37度前後に暖められたあと、肺に送られるためです。

粘膜が空気を暖められるのはそこに流れている血管のお蔭なんです。

この血管に流れる血流を管理しているのが自律神経です。

しかし、場所や日によってあまりにも温度差が激しいと自律神経は外気に体を合わせるのが大変になってきます。

自律神経は、汗をかいたり胃酸を分泌させたり、血管を拡張、収縮させたりと環境や状態に体を合わせてくれる役割をはたしています。

自律神経のおかげで、寒い時に鳥肌が立ったりします。

しかし、あまりにも環境の変化が目まぐるしいと自律神経が誤作動を起こして体に不調が現れます。

これが寒暖差アレルギーを引き起こす原因です。

一般的に、自律神経が対応できる温度差は7度前後と言われていますので、これ以上温度差になると寒暖差アレルギーを引き起こしやすくなります。

寒暖差アレルギーの対策は?

厳密に言えば、寒暖差アレルギーは、病気ではなく自律神経の誤作動です。

そのため、この薬を飲んだら確実に治るというような決定的な治療法はありません。

自律神経を安定させることと、寒暖差アレルギーを起こさないように体調を整えることが大切です。

自律神経のバランスを整えるためには、不規則な生活を改善して休養を取り、ストレスをコントロールするようにしましょう。

 

  • 【生活のリズムを整える】交感神経は、身体を活発に動かす日中に主に働き、副交感神経は身体を休める夜間に主に働いています。夜型の生活が続くと、副交感神経が働く時間に交感神経が働いてしまうので、身体のリズムが崩れやすくなってしまいます。就寝時間を早めて、朝早く起きる等、生活のリズムを整えましょう。
  • 【バランスの取れた食事を心がける】肉体と精神の健康を保つには、栄養バランスの良い食事が必要です。欧米型の食生活は、肉類と卵が多く、たんぱく質と脂肪の取りすぎに繋がりますが、日本食は穀物や野菜を中心とした献立で、みそやしょうゆなどの発酵食品が多く使われるので、健康な身体を維持する栄養が豊富に含まれているんです。外食が多い人は、野菜類が多いメニューや品数の多い定食にするなどにして、ストレスにならない範囲で工夫をしましょう。
  • 【適度な運動】気温の上下が激しい季節になると必ず寒暖差アレルギーになるという方は、筋肉トレーニングを行ってみるとよいでしょう。また、服装も工夫をして簡単に脱ぎ記できるような重ね着をしておくと、温度調節がスムーズで自律神経も整いやすいです。

まとめ

今回は寒暖差アレルギーについてご紹介しました。

寒暖差アレルギーは病気ではありませんから、治療が難しいですが、一面がある一方で体調を整えて規則正しい生活をすればなおりやすくもあります。

長年、寒暖差アレルギーで悩んでいる方は、自分のライフスタイルを見直してみるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ