胃が気持ち悪い!原因は?対処法は?考えられる病気とは?


突然胃が気持ち悪いってことありませんか?

原因がはっきりと分からないときは、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。

また、胃が気持ち悪いことで考えられる病気はあるのでしょうか。

胃は、食べ物を消化するという大切な役割を果たしています。

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりした次の日はすごく胃が気持ち悪いですよね。

このように、自分の行動に胃が気持ち悪い原因が思いあたるときは、対処法も病気ではないことも分かります。
しかし、胃が気持ち悪い原因が思いあたらない時は、どのような対処法を取ったらいいのか、もしくは「何かの病気では?」と不安になってしまいます。

胃が気持ち悪い時に、痛み止めを飲むという対処法を取っている人はいませんか?
実は、痛み止めを飲むことが原因でさらに胃の気持ち悪さを悪化させているかも知れません。

また、女性の場合は病気ではない時もあります。
胃が気持ち悪くなる原因と考えられる病気、対処法をご紹介して行きます。

【スポンサードリンク】

胃が気持ち悪くなる原因と考えられる病気

胃が気持ち悪いと感じるときは、胃が気持ち悪いということ以外に他に何か症状がないか考えてみましょう。それによって、原因がはっきりする場合もあります。

 

  • ①食後に気持ち悪くなる
    食後に気持ち悪くなるときは、食べ過ぎで胃酸が出すぎてしまうのが原因の場合が多いです。
    しかし、症状には個人差があり胃が気持ち悪くなるほかに胸焼けをしたり、時間差で気持ち悪くなる場合もあります。
    暴飲暴食の場合は、大抵が軽い症状でしばらくしたら治ります。
    どうしても我慢できないときは胃薬を飲みましょう。
  • ②頭痛を伴う
    胃が気持ち悪くなった時に、頭痛を伴う場合はストレスや睡眠不足、アルコールやタバコなどが原因の場合が多いです。
    この頭痛はいわゆる偏頭痛ですが、胃の気持ち悪さと一緒に出てくることが多いです。
    この場合は少し休んで安静にしていれば治りますが、頭痛を止めるときに痛み止めを飲む場合は胃薬も一緒に飲みましょう。
  • ③吐き気
    女性の場合、吐き気を伴うときは妊娠している可能性もあります。
    妊娠初期の場合はつわりで胃の気持ち悪さと吐き気を伴う場合が多いので、思いあたることがある人は薬を飲む前に検査をしてみましょう。
  • ④風邪やインフルエンザ
    胃の気持ち悪さとともに喉や節々の痛さを感じるときは風邪やインフルエンザかも知れません。
    インフルエンザが流行る時期はインフルエンザの可能性が高いので、病院へ行って検査をしてもらいましょう。
  • ⑤下痢や嘔吐
    下痢や嘔吐を伴う場合は、ウィルス性胃腸炎の可能性があります。
    ウィルス性胃腸炎は、冬場に多く見られノロウィルスやロタウィルスなどウィルスが胃や腸に入ることで発症してしまいます。
    ウィルス性胃腸炎の場合は、病院での治療が必要ですので、下痢や嘔吐を伴う場合はすぐに病院へ行きましょう。
【スポンサードリンク】

胃が気持ち悪い時の対処法

病院に行くほどでもないけど胃が気持ち悪いときの対処法をご紹介します。

 

  • ・胃薬を飲む
    たまに、痛み止めを飲む人が居ますが痛み止めはかえって気持ち悪さを悪化させるかも知れません。薬を飲む場合は胃薬を飲みましょう。
    また、胃の気持ち悪さとともに胃がキリキリするような痛みがある場合は
    痛み止めと胃薬を両方飲みましょう。
  • ・胃を休める
    胃が気持ち悪くなったとき、胃を休めることも大切です。
    食べ物を入れてしまうと胃は働きますので1食休めるために抜いてみるか、消化の良いものを食べましょう。
  • ・体を温める
    特に寒い冬などは、内臓に負担がかかることがあります。
    体が冷えそうな食材はさけて温めることのできる食材を積極的に摂りましょう。
  • ・ストレスを溜めない
    胃は、ストレスを溜めると不調が起こります。
    普段からストレスを溜めずに発散させることを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?
上記の通り、胃が気持ち悪くなったときは他の症状もないか確認してみましょう。
放っておいても治る時もあれば、何かの病気で病院の治療を受けなければいけないかもしれません。
もともと胃が弱い人は、普段からストレスを溜めないように心がけましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ