★頭痛の原因は、台風!低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法とは?


雨の日の前に体調が崩れたり、台風の前に頭痛がしたり・・・といったようなことに悩まされていませんか?

たまらない頭痛や吐き気など、台風などの天気と深く関係しているこの症状は、「低気圧性偏頭痛」もしくは、「気圧変調性頭痛」と呼ばれ、若い女性を中心に急増しています。

でも、低気圧という天候上の変化だけで、本当に頭痛がするのでしょうか?

低気圧によって頭痛が起きる原因は一体なんでしょうか?

低気圧で頭痛になる人とそうでない人の差や原因はなんでしょうか?

また、低気圧によって起こる頭痛の対処法はあるのでしょうか?

対処法があれば、仕事や日常生活などにも影響しなくなりますよね。

そんな気になる台風などの低気圧による頭痛の原因や対処法についてクローズアップ!

今回は『頭痛の原因は、台風!低気圧によって引き起こされる頭痛の対処法とは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

台風が来ると頭痛がする原因は?

 

  • 【空気中の酸素が少ない】台風になると頭痛がするといった方や、ひどい人ですと吐き気もする方もいます。

    このように台風が来ると頭痛がひどくなったり、身体がだるくなるなど体調不良を訴える人はたくさんいます。

    台風というのは、熱帯低気圧のことを指しており、台風が来るということは、低気圧が近づいてくるということです。

    この大きな低気圧が移動すると、周りの空気もその影響を受けて気圧が変化し、低下します。

    気圧が低下すると、空気が薄くなります。

    空気が薄くて充分な酸素を取り込めないことで、めまいや耳鳴りなどの感覚障害を引き起こしたり、頭痛に見舞われたりします。

  • 【脳の血管が膨張する】空気が薄いところでは、私たちの血管は普段よりも拡張します。

    もちろん頭の中にも血管がありますので、その血管も拡張して膨らみます。

    そのため、低気圧が近づくと、気圧変動によって血管が膨張し、神経を圧迫してしまうことにより、頭痛を引き起こします。

    そして、低気圧になると空気中の酸素濃度も低下するので、いわゆる酸欠状態になり、脳に十分な量の酸素が送られにくくなり、頭痛が起こるとも言われています。

  • 【副交感神経が優位になる】気温や天候、気圧の変化は、肉体だけでなく精神も疲れさせ、自律神経のバランスを崩すこともあります。

    自立神経は、「興奮・緊張を司る交感神経」と「リラックス・弛緩を司る副交感神経」の2つがバランスをとりあってます。

    気圧が低くなり血液循環が悪くなると、それを察知して副交感神経が強く活動を始めることにより、頭がぼーっとしたり、全身がだるくなったりなどの症状が現れ、頭痛へと発展していってしまいます。

【スポンサードリンク】

低気圧性偏頭痛の特徴は?

 

  • ・ズキンズキンと脈打つように痛む
  • ・数時間から数日間にわたって、痛みが続く
  • ・動いたり、お辞儀をしたりすると痛みが増す
  • ・吐き気などを伴う
  • ・光をまぶしく感じる
  • ・普段気にならない臭いを不快に感じる
  • ここにテキストが入ります。

などのような特徴があります。

そして、低気圧性偏頭痛の場合、市販の鎮静剤は効果があまりありません。
ただ、頭痛が始まる前時点で服用すると効果がある場合があります。

また、低気圧性偏頭痛に悩むのは、女性が多いと言われていますが、この原因ははっきりとは解明されていません。

仮説として、女性はもともとホルモンバランスに左右されやすい性質を持っており、女性は感覚も鋭敏で、気圧の微妙な変化を感じ取りやすいことも原因の一つかもしれません。

そして、低気圧性偏頭痛になるかならないかどうかは、個人の体質によります。
なりやすい人は天気が崩れるたびに症状と付き合う必要があります。

低気圧性偏頭痛を緩和するための対処法は?

 

  • 【冷やす】低気圧性偏頭痛は、頭部を冷やして血管を収縮させることが効果的です。

    氷枕やジェルシートなどの冷却グッズを使って、痛む場所を直接冷やします。

    ただ、冷やしすぎると筋肉が緊張してしまい、筋肉の緊張により頭痛が起こることもありますので、冷やしすぎには注意しましょう。

  • 【ゆっくり休む】低気圧性偏頭痛の場合、光や音に過敏になりますので、部屋の明かりを消し、TVや音楽などを消し、静かな部屋にしましょう。
  • 【カフェインを摂取する】コーヒーや緑茶、紅茶などカフェインには、血管収縮作用がありますので、膨張している血管を抑えてくれる効果があります。

    この方法は、痛みを感じた直後に行うと効果的です。

  • 【マグネシウムやビタミンB2を多く含む食べ物を食べる】片頭痛持ちの方の約3割は、マグネシウムやビタミンB2が不足しているそうですので、この2つを一定量摂取するようにしましょう。

    「マグネシウムを多く含む食べ物」
    ・大豆
    ・海藻類
    ・きなこ
    ・ごま
    ・するめ
    ・しらす
    ・あさり
    ・いわし
    ・アーモンド
    ・玄米 など

    「ビタミンB2を多く含む食べ物」
    ・納豆
    ・うなぎ
    ・さば
    ・レバー
    ・卵 など

  • 【アロマオイルを嗅ぐ】・ペパーミント

    ペパーミントは冷えが原因で起こる肩こりや血流改善に効果があるので、血液の循環不良で起こる頭痛に効果があります。

    ・ラベンダー

    あらゆる原因の頭痛に効果があるとされており、リラックス効果や入眠作用もあります。

    ストレスや肩こりが原因の頭痛には、更に効果があります。

    ラベンダーやペパーミントの、通経作用やホルモン作用が子宮を刺激してしまうため、妊娠中の方は使用を避けるようにしましょう。

まとめ

今回は低気圧によって引き起こされる頭痛についてご紹介しました。

台風が来ると頭痛がしたり、その症状が悪化する主な原因は気圧の変化が原因です。

低気圧によって血管が拡張するために痛みが引き起こされるので、効果的な対策としては、血管の拡張を元に戻し安定させることが大切です。

もし、頭痛の症状が治まらない場合は、他にも原因があるかもしれませんので、速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ