風邪で熱が出ないのにだるい原因とは?


風邪をひいたかなと思った時に、熱は出ないけど、だるいし体調が悪い。と思った時はありませんか?冬の寒い時期や季節の変わり目は、特に注意したいものです。

風邪をひくと、鼻水や咳が出て悪寒の症状が現れます。そんな場合は、原因は風邪に違いないと思いますが、熱を測るとほぼ平熱のまま。いったい何が原因なのか本当に不思議に思いますよね。

実は風邪をひいてだるい状態でも、熱が出ないタイプの風邪があるのです。もちろんだるい原因がただの体調不良で、熱が出ない場合もあります。疲れが原因なのか、それとも風邪ウイルスが原因なのかは、とても気になるところです。

今回は、『風邪で熱が出ないのにだるい原因とは?』と題してご紹介します。しっかりだるい原因を見極めて、熱が出ないけど調子が悪い時の対応の仕方を理解しましょう。

【スポンサードリンク】

風邪のだるい症状の原因とは

風邪をひいたときに現れる症状として、一般的にのどの痛み、鼻水が出る、くしゃみ、咳がでるなど症状が現れます。これらは、体内に侵入した風邪ウイルスから体を守ろうとする正常な防衛機能が働くためです。

この防衛機能は、体内の白血球がウイルスを攻撃して除去しようする活動です。

その結果、ウイルスの死骸(膿)が鼻水として出てきたり(ネバネバしたり色が変わったりします)、咳をして体の外に出そうとしたり。と言った症状を引き起こすのです。

体の調子も、抵抗力が低下して当然悪くなり、だるい症状が現れることになります。

熱が出ない風邪ウイルスとは

風邪の症状は、そのような体の防衛本能が働くためですが、大人がかかる風邪のウイルスに、ライノウイルスがあります。

ライノウイルスは、人間の平熱よりもかなり低い約33℃で特に活発に繁殖するため、ライノウイルスにかかっても風邪の症状のみといった状態になります。

鼻水やのどの痛みなど、体内にウイルスが侵入している時は、当然症状がでるのですが、体温を上昇させるほどの状態にはなりません(活発に働く温度が低いため)。

ライノウイルスは、発熱がない風邪ウイルスと考えられています。

一方で同じような風邪の症状であるインフルエンザは、約37℃でウイルスが活発に活動するので、その結果かなりの高熱がでるのです。

【スポンサードリンク】

だるいときの早めの対処法

発熱がなくても風邪をひいたのかな。と思った時は、まず睡眠時間を沢山とるように心がけましょう

疲れている場合や体調が悪い場合は、風邪をひきやすくなりますので、睡眠を十分にとって体を休めることは効果的です。

風邪のときには、お風呂に入ってはいけないと言われますが、実は風邪の初期症状の段階では、体が温まるので体調の回復に効果があります。

温かいものを飲んだり、布団を温めたりして温かい状態で睡眠をとることをおすすめします。

そして、体調がすぐれないときは、バランスの良い食事をとることも効果的です。免疫力を高めて症状が悪化するのを防いでください。

また、どうしても体調がすぐれない場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

発熱がなく、平熱のままで鼻水や咳が少し出る程度と考えていても、実はウイルスに感染していて、無理をして症状を悪化させてしまう場合もあります。

自分で症状を判断して、結果的に周りの人に風邪をうつしてしまってもいけません。

まとめ

今回は、風邪で熱が出ないのにだるい原因、そしてだるい時の対処方法についてご紹介いたしました。

発熱が特になくても、しっかり風邪ウイルス(ライノウイルス)に感染していて、症状が悪化している場合がありますので気をつけてください。

風邪の症状があらわれている場合は、体を温かくして、十分な睡眠をとるようにしてください。また、必要な場合は医療機関を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ