★花粉症の薬ランキング【最新版】確かな効果で人気の薬はコレ!


目がかゆい、鼻水がズルズル出る、咳が出るなどといった症状が出る花粉症。

スギやヒノキなど1年を通して様々な種類の花粉が飛散していますので、花粉症の人は花粉症の症状を抑えるためにも内服薬が手放せませんよね。

幼児や子供から大人まで使用できる薬や、眠くならないもの、眠くなるなどの副作用が出やすいものなど、市販されている花粉症の薬には様々な種類があります。

強さも薬によって異なるため、それぞれの症状に適した薬選びが大事になってきます。

花粉症の薬は、最新で一体どのようなものが人気で選ばれているのでしょうか?

おすすめ商品ランキングや、最新の人気ランキングが知りたいですよね。

そんな気になる花粉症の最新人気薬ランキングについてクローズアップ!

今回は『花粉症の薬ランキング【最新版】確かな効果で人気の薬はコレ!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

花粉症は春だけじゃない

花粉症の季節といえば春のイメージが強いですが、花粉は一年飛散しています。

花粉の種類にはいくつか種類があり、人により花粉症を発症する花粉が異なります。

それぞれ大体の季節ごとに飛散のピークがありますので、どの季節に花粉症が気になるかによって、大体の花粉症の原因を知ることができます。

  • 春に飛散する花粉

    春に飛散量が多い代表的な花粉として、スギ・ヒノキ・ブナなどが挙げられ、特にスギ花粉症は近年大人に限らず子供の発症率も増えてきています。

    スギとヒノキは共通したアレルゲンを持っているとされているので、スギ花粉症の人が同時にヒノキ花粉症を発症するケースも珍しくありません。

  • 夏に飛散する花粉

    夏の花粉症のメインとなるのは主にイネ科のカモガヤ、ハルガヤ、ギョウギシバなどです。

    飛散する時期には少しバラつきがありますが、大体残暑が厳しくなる8月ごろまでが飛散のピークです。

    カモガヤ・ハルガヤは牧草として使用されることも多く、緑が多い地域や酪農が盛んな地域を中心に栽培されていることが多いのが特徴です。

    ギョウギシバは、道端に生えることもあり、夏の晴れた日に日当たりの良い場所に自生しやすい植物です。

  • 秋に飛散する花粉

    秋になると飛散量が増えるのが、ブタクサやヨモギなどキク科の植物と、アサ科のカナムグラです。

    田んぼや山に近いところだけでなく、市街地の公園や道路の脇など比較的どこにでも生えています。

  • 冬に飛散する花粉

    スギは春のイメージが強いですが、スギは冬の時期が最も注意すべき花粉です。

    特に、2月はスギ花粉の飛散量がピークとなります。

    そのほかにも、関東や九州地方を中心にイネ花粉、1月ごろからはハンノキ花粉の飛散量も増え始めます。

市販の花粉症内服薬の選び方は?

花粉症に効くとされている市販薬の多くが、”抗ヒスタミン薬”と呼ばれる薬です。

花粉症によるくしゃみ、鼻づまり、鼻水などの原因となる”ヒスタミン”の働きを弱める効果がある薬ですが、開発された時期により、第1・第2世代に分けられます。

  • 第1世代

    第一世代は、眠気や口の渇き、胸やけなどの副作用が起こりやすいのが特徴です。

    また、集中力や判断力の低下が起こることもありますので、強い効果の薬をお望みの方にはおすすめですが、副作用が出やすいため、仕事の前や最中に服用するのは避けたほうがよいでしょう。

  • 第2世代

    第2世代の中でも効果が強いのが”抗アレルギー薬”のタイプです。

    アレルゲン(花粉)の影響で発生したアレルギー物質・ヒスタミンの働きを抑える作用と、アレルギー物質の発生そのものを抑える効果があります。

    そのため、花粉が飛び始める頃から飲み始めれば、症状が軽く済みます。

    もう一つのタイプが、”非鎮静性”のタイプです。

    こちらは第1世代の副作用が改善されたタイプで、眠くなりにくいです。

    第2世代の薬の中でも、より強い効果を求める場合は”抗アレルギー薬”を、眠くならずに効果を得たい場合は”非鎮静性”を選ぶとよいでしょう。

    しかし、副作用が100%起きないわけではないので、服用する場合、車の運転中や機械の操作中は避けてください。

【スポンサードリンク】

花粉症の効き目ランキング

  • 1. アレグラFX

    くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど花粉症の代表的な症状に効くアレルギー専用鼻炎薬です。

    アレグラFXには、100ヶ国以上で販売しアレルギー性の治療剤として使用されているフェキソフェナジン塩酸塩を配合されています。

    副作用を感じにくい第2世代抗ヒスタミン薬だから、眠気・口の渇き・集中力の低下が気にならず快適に過ごせるように開発されていて、1日2回、1回1錠飲むだけで効果があり、空腹時にも服用可能な特徴があります。

  • 2. アレジオン20

    アレジオン20は、抗アレルギー作用・抗ヒスタミン作用・抗炎症作用の3つの働きが期待でき、花粉症を始めとする鼻炎アレルギーに高い効果を発揮します。

    副作用が出にくい第2世代抗ヒスタミン薬で、1日1回就寝前の服用でOKです。

  • 3. アレルビ

    「アレルビ」は「アレグラFX」のジェネリック医薬品です。

    花粉やハウスダストを始めとするアレルギー性鼻炎に有効なフェキソフェナジン塩酸塩を1錠あたり60mg配合しています。 

    1日2回、1回1錠服用するタイプで、症状が酷くなる前から飲みはじめるとより高い効果を得られます。

    鼻水・鼻づまり・くしゃみが辛い人も、飲み続けると症状を緩和してくれます。

15歳未満の場合

強い薬の方が効くからといって、安易に大人用の薬を子供に与えてしまってはいけません。

花粉症の薬は、15歳未満服用禁止のものが多いです。

しかし、最近は子供にも花粉症が増えていますので、薬でお子様の症状を和らげてあげたいという方は子供でも服用できる薬を探してあげましょう。

その際、購入する前に何歳から服用可能なのかをしっかりチェックしてください。

まとめ

今回は、花粉症の最新人気薬ランキングついてご紹介しました。

花粉症の症状には、市販薬も上手に活用しましょう。

ただし、市販薬を使っても症状が治まらない場合には、医師に相談するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ