★舌の亀裂やひび割れは病気のサイン!?考えられる病気は?しみて痛いときの対処法!


普段の食事や飲み物を飲んでいる時、舌が痛いと思い、鏡で見てみると舌に亀裂、ひび割れが入ってたといった経験はありませんか?

舌に亀裂やひび割れが入っていると只事ではないと、病気かと疑ってしまいますよね。

でも、実際の所、舌に亀裂やひび割れが入っていたら本当に病気なんでしょうか?

病気だとしたら原因はなんでしょうか?

そして、舌に亀裂やひび割れがあるせいで、痛い時の対処法はどのような対処法が適切なんでしょうか?
気になる舌の亀裂やひび割れと病気の関連性や舌が痛い時の対処法までクローズアップ!

今回は『舌の亀裂やひび割れは病気のサイン!?考えられる病気は?しみて痛いときの対処法!』についてご紹介します。

これで、舌に亀裂やひび割れが入っていても、考えられる病気や痛い時の対処法まで分かるので安心ですね。

【スポンサードリンク】

舌の亀裂やひび割れの原因は?

舌に亀裂が入ったり、ひび割れしてしまう原因として、3つの原因があります。

 

  • 【溝状舌】溝状舌と書いて「こうじょうせつ」と読みます。

    舌の表面に溝や切れ目、割れている症状が見られます。

    溝状舌になる原因としては、先天性(生まれつき)や高血圧、糖尿病、加齢、舌の外傷や炎症など様々あります。

    また、睡眠不足の人や不眠の人にも溝状舌が多いと考えられています。割れている箇所に刺激物が触れると、しみたり痛い場合があります。

    先天性は別として、病気が原因の溝状舌の場合は自然治癒することがあります。

  • 【地図状舌】白い斑が舌一面に広がったり、様々な模様になります。

    更にその模様は日によっても変わり、基本的には数か月から数年間この模様が見られます。

    地図状舌は自覚症状がほとんどなく、舌がしみる、ヒリヒリすると言ったものくらいです。

    地図状舌は現在の所、病気の原因が解明されていないそうです。

    一説には、風邪などの体調不良を伴う急な発熱によってこの病気が発生することがあるといわれていますし、過度なストレスや睡眠不足、不規則な生活、ビタミンBやミネラルなど、栄養素の摂取不足などの生活の不調に原因があるとも言われているそうです。

    また、有効な治療法はないので経過をみるより方法がありません。

    痛みが強いときにはキシロカインビスカスなどの塗布もありますが、一時的な対症的処置なのであまり意味がありません。

    特に炎症所見の強いときには、塩化リゾチーム剤などの消炎剤を投与します。

  • 【ドライマウス】唾液の分泌が減ると口の中は乾燥し、舌のひび割れを起こしてしまう場合があります。

    つまり、肌の乾燥や指のあかぎれなどのような、乾燥によって舌にひび割れや亀裂が入ってしまうんです。

    ドライマウスになると舌の亀裂やひび割れが起きる以外にも、唾液には口の中をきれいに保つ作用があるので、唾液の分泌が減ると虫歯や歯周病の原因にもなります。

    さらに、ドライマウスは口臭の原因にもなってしまいます。

    ドライマウスになる原因としては、食生活・精神的ストレス・薬物(抗うつ剤・鎮痛剤・抗パーキンソン剤など)・加齢・口呼吸・糖尿病や脱水症などがあげられます。

    そして、ドライマウスが酷くなると、割れた舌の痛みで食事がとれない(摂食障害)・話をする時に喋りづらい(発音障害)などになる場合もあります。

    口の乾燥を防ぐためには、口のうるおいを保つためにこまめに水分補給を行いましょう。

    また、唾液は噛むことで分泌されます。

    そのため、普段からよく噛んで食べることが大切です。

    また、薬の副作用によってドライマウスが引き起こされている場合もありますので、可能性がある場合には掛かりつけの医師に相談するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

対処法は?

栄養不足の場合、バランスのよい食事を心がけたりしましょう。

水分が足りていない場合は、こまめに水分補給やよく噛んで唾液を増やしましょう。
漢方薬などを使い、治療する方法もありますので、お医者さんに診てもらいましょう。
どうしても改善が見られず、舌の痛みが我慢出来ないときは、早めに病院に行くことが大事です。

まとめ

今回は舌の亀裂やひび割れそして、痛いときの対処法についてご紹介しました。
舌の亀裂やひび割れには様々な原因がありますが、セルフケアによって予防や対策ができます。

先天性でなく後天性のものの場合、しっかりと口内を綺麗に保つように予防や対策を行うようにしましょう。

もし改善が見られない場合などは早々にお医者さんに相談しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ