筋肉痛の原因は年齢?食事で回復するの?


あなたは、筋肉痛になる原因を知っていますか?

筋肉痛になる原因は、筋繊維が運動をすることにより破壊され筋肉痛になり、回復したときに筋肉が付くということを聞きますよね。
しかし、これは一つの説にすぎません。

筋肉痛になる原因は実はあまりよく分かっていないそうてす。

筋肉痛になる原因がよく分かっていないなんて、ちょっと驚きですよね。

よく、年齢を重ねていればいるほど筋肉痛は遅れて来て、年齢が若ければ若いほど筋肉痛は早く来ると聞きますよね。

本当に年齢によって左右されるのでしょうか。

普段から筋肉を鍛えている人とそうでない人でも筋肉痛になる速さは違うのでしょうか。
さらに、食事で筋肉痛を回復するにはどのような食事を摂ればいいのか。
運動をした時だけではなくて、普段の生活の中でも筋肉痛になることはありますよね。
例えば、ボーリングで遊んだりバッティングセンターへ行ったりしたら筋肉痛になる人とならない人が居ます。
その違いは何なのでしょうか。

また、筋肉痛になったとき食事で改善する方法をご存知ですか?
筋肉を付けようとするときの食事は主にたんぱく質やプロテインなどが思い浮かびますが、筋肉を回復させる食事があるのです。
それを知っていれば、筋肉痛も怖くありませんね。

そこで、筋肉痛と年齢の関係性と筋肉痛を食事で改善する方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

筋肉痛と年齢の関係性

筋肉痛になるメカニズムはまだはっきり解明されていないと冒頭でお伝えしましたが、年齢と筋肉痛に関係はあるのでしょうか。

年齢が若ければ早く筋肉痛になり、年齢を重ねていれば筋肉痛は遅く来るという説があります。

確かに筋肉痛には種類が2種類あり、
「即発性筋肉痛」と「遅発性筋肉痛」と言います。

即発性筋肉痛は運動後すぐに起こる筋肉痛であり、遅発性筋肉痛は運動後1日あるいは2日以上経ってから起こる筋肉痛です。

しかし、年齢によって筋肉痛に差がでるというのは実は科学的に証明されていません。

筋肉痛は、筋肉が普段から活性化されているかされていないかによって来るタイミングは変わります。

つまり、普段から筋肉を活発に動かしている人は即発性筋肉痛になりやすく、普段からあまり筋肉を活発に動かしていない人は遅発性筋肉痛になりやすいということです。

なので、年齢は関係ないと言えます。
だったらなぜ、「歳をとると筋肉痛は遅く来る」と言われるのでしょうか。
人にもよりますが、子供や学生の間は運動に触れる機会が大人より多いからです。
子供は普段から活発に行動しているため、筋肉痛は即発性筋肉痛になり、普段は仕事ばかりの大人がたまに運動をすると遅発性筋肉痛になる
と言うわけです。
もちろん、子供でもあまり活発でない子もいれば、大人でも毎日運動を欠かさない人もいるため、一概にそうだとは言い切れません。

【スポンサードリンク】

筋肉痛は食事で回復させることが出来る?

筋肉痛は、食事でも回復させることが出来るとご存じでしたか?
筋肉痛に効く食事をご紹介します。

  • ・たんぱく質(肉、魚、卵など)
  • ・ビタミンB1(ウナギ、豚肉、レバーなど)
  • ・ビタミンB6(さんま、にんにくなど)
  • ・クエン酸(グレープフルーツ、レモン、梅干しなど)
  • ・亜鉛(カキ、大豆など)
  • ・アミノ酸(豚肉、牛肉、鶏肉など)

特にクエン酸の中でも、黒酢は溜まった乳酸を分解してくれる働きがあるので筋肉痛にはぴったりです。
食事でこれらを摂れない人も、サプリメントなどで摂取するのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今まで筋肉痛について知っていた知識と比べてどうでしたでしょうか。
もちろん、筋肉痛を回復させるのは食事だけではなく入浴や軽い運動、ストレッチなどでも回復させることが出来ます。
食事と合わせて試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ