★腸閉塞(イレウス)の初期症状とは?便秘が続くと腸閉塞になるの?下痢や吐き気もある?治療法は?


腸閉塞(イレウス)とは、腸が詰まってしまい、便が排泄されなくなる病気です。

先天性の疾患で出生直後から腸閉塞となっている場合もあり、出生後すぐに手術が必要な場合もあります。

また、何日も便秘が続くことで便がつまったり、便が固すぎて腸管がつまることでも腸閉塞になってしまうこともあります。

腸閉塞(イレウス)の症状として、腸が塞がれることで、便が押し出せなくり、激しい腹痛からの下痢や吐き気に襲われます。

腸内のウンチが逆流して嘔吐してしまうという辛い症状が出るケースもある、恐ろしい病気なのです。

では、腸閉塞(イレウス)の初期症状としてどのような症状が出たら、腸閉塞(イレウス)を疑えばよいでしょうか。

腸閉塞(イレウス)の初期症状としては、下痢や吐き気などになるのでしょうか。

腸閉塞(イレウス)とは、便秘が続くことでなってしまうのでしょうか。

腸閉塞(イレウス)になった際の治療はどのような治療法があるのでしょうか。

そんな気になる腸閉塞(イレウス)の初期症状は、下痢や吐き気になるのか、便秘が続くと腸閉塞になるのか、腸閉塞の治療法はどのようなものがあるのかについてご紹介します。

今回は『腸閉塞(イレウス)の初期症状とは?便秘が続くと腸閉塞になるの?下痢や吐き気もある?治療法は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

腸閉塞とは?

腸閉塞とは、腸の一部が狭くなることなどにより、腸内に入ってきた食べ物などが詰まり、肛門の方へ流れていかなくなる病気で、イレウスとも言われます。

乳幼児は、先天的に胃や十二指腸などが閉塞している場合があります。
腸閉塞は、非常に重い疾患ですので、必ず医療機関で治療してもらいましょう。

腸閉塞の種類は?

【機械的腸閉塞】

腸の内側が物理的な原因で狭くなっていたりすることにより、腸の中のものが通過できなくなっている場合を、機械的腸閉塞といいます。

機械的腸閉塞は、さらに「単純性腸閉塞」と「絞扼性(複雑性)腸閉塞」に分類されます。

・単純性腸閉塞(単純性イレウス)

腸管の内側が物理的な原因によって狭くなり、腸の中の物が詰まっている状態を、単純性腸閉塞といいます。

・絞扼性腸閉塞(絞扼性イレウス)

腸と腸の癒着に巻き込まれて、腸がねじれたりすることで血流障害が起こり、腸管に血流障害が起こっている状態のものを「絞扼性腸閉塞」といいます。

【機能的腸閉塞】

機械的腸閉塞のように、腸の内側が狭くなっているなどのことはありませんが、腸自体が正常に動かなくなり、腸の内容物が通過できなくなる状態を機能的腸閉塞といいます。

腸閉塞の原因は?

腸閉塞の原因にはいくつかあります。

 

  • 【先天的に腸に異常を抱えているもの】先天的に十二指腸や小腸が閉鎖していたり、狭い場合や、生まれつき細胞異常から腸の働きに異常がある場合が当てはまります。
  • 【病気をきっかけになるもの】壊死性腸炎や腸重積が原因で腸閉塞になったり、開腹手術をきっかけに腸に癒着が起こり、腸閉塞になる場合もあります。
  • 【落下腸やねじれ腸が原因でなるもの】落下腸やねじれ腸は、腸の配置に異常が発生している状態で、これらが原因で腸閉塞になる場合もあります。

    便秘による腹痛があって医療機関を受診したら、腸閉塞と診断されたというケースもありますが、便秘が腸閉塞を引き起こしたというより、腸閉塞によって、便秘が起きていると考えるのが自然です。

    つまり、腸閉塞が原因で便秘になっているのです。

【スポンサードリンク】

腸閉塞の潜伏期間と初期症状は?

腸の中で食べ物が詰まっているため、腸閉塞の前兆としては、胃から腹部にかけて膨らんできます。

次に突発的な腹痛が起こります。

突然お腹が痛くなって、酷い激痛が起こりますが、ずっと続くわけではなく、刺すような深い痛みでのたうち回るほどの痛みになります。

腸閉塞に限らずお腹に不自然な激痛が来た場合、何か深刻な病気の前兆であることが多いので、医療機関での診察を受けるようにしましょう。

腸閉塞の主な症状は?

 

  • 【嘔吐】腸が詰まっているので食べ物を排泄することができず、逆流させてしまい、嘔吐してしまいます。

    胃液や胆汁をはき出すようになり、さらに進行していった場合、腸の中のものまで吐き出すようになります。

    腸の中のものは下痢のような色合いで便の臭いがするので、かなり辛い症状でしょう。

  • 【腹痛】およそ30秒ごとに強い痛みと弱い痛みが交互に来る、疝痛発作と呼ばれる、腸閉塞の特徴的な腹痛です。
  • 【便秘】腸の中で食べ物が詰まるため、便秘気味になります。

治療法は?

治療法は、手術か保存的治療のどちらかが行われます。

腸閉塞の症状が軽度の場合は、まず保存的治療として、チューブによって腸の中で詰まっているものを取り出します。

チューブは鼻から入れられて腸まで通され、詰まっている内容物やガスを体の外へ取り出されます。

腸の中の圧力が弱まって張りがなくなれば、腸の働きが正常になることが期待できます。

おならや便が出れば、回復したと判断されます。

まとめ

腸閉塞は、激しい嘔吐や強い腹痛を伴う非常に重い病気です。

腸閉塞の疑いがある場合はなるべく早く医療機関を受診するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ