ほくろがかゆい・大きくなるのは皮膚がんかも?ほくろに似た皮膚がん「メラノーマ」とは?


ほくろがかゆい・大きくなるのは皮膚がん?

ほくろは昔からあったりいつの間にか体にできたという方結構いらっしゃるのではないでしょうか。

よく慣れ親しんでいるため、あまりほくろに気を留めることはあまりないかと思います。

でも、普段は気にならないほくろが突然かゆい・もしくは大きくなるなどの症状がでた経験はありませんか?

ほくろがかゆい・大きくなるのはちょっと変だなと不安になりますよね。

実は、ほくろがかゆい・大きくなる場合、病気かもしれない可能性がありますので、注意が必要なんです。

ほくろがかゆい・大きくなるのは、ズバリ皮膚がん「メラノーマ」かもしれないんです。

皮膚がんや「メラノーマ」

みなさんどこかで聞いたことあるという方も多いと思います。

さらに、皮膚がんや「メラノーマ」は日焼けのせいでなってしまうとか曖昧だったりしませんか?

でも、皮膚がんや「メラノーマ」になぜなってしまうのか、どんな症状がでるのか知っていますか?

しっかり知っておかないと、今までほくろだと思っていたもの。

それが実は皮膚がんの「メラノーマ」かもしれないんです。
皮膚がんをほくろと勘違いしていたと後悔しないために、しっかりほくろについて知っておきましょう。

今回は『ほくろがかゆい・大きくなるのは皮膚がんかも?ほくろに似た皮膚がん「メラノーマ」とは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ほくろがかゆい原因

普通ほくろが痒いことはありませんが、かゆい場合の原因はなんでしょう。

【老人性血管腫】

赤いほくろのような斑点が現れた場合、それは老人性血管腫かもしれません。

老人性血管腫は、皮膚への刺激や紫外線の浴びすぎなどが原因でなります。

特徴として「赤くなる」、「かゆみがある」、「突起している」場合、ほくろではなく老人性血管腫でしょう。

老人性血管腫は、レーザー治療で除去することが可能です。

【皮膚がん(メラノーマ)】

メラノーマは、皮膚がんの一種です。

また、別名で「悪性黒色腫」とも呼ばれます。

メラノーマはほくろと見た目が似ていて、区別するのがとても難しいんです。

ほくろが良性の腫瘍なのに対して、メラノーマは悪性の腫瘍です。

メラノーマはメラノサイトという色素細胞ががん化したのち、異常増殖して発生します。

そのまま放っておくと皮膚の奥の方まで病気が拡大したり、がんなので体のほかの部分に転移する可能性もあるんです。

メラノーマはここ20年で発生率が倍増している皮膚がんで、皮膚の病気の中では死亡率が一番高い数値となっています。

【スポンサードリンク】

メラノーマの判別方法

では、どうやってメラノーマなのかどうか判別したら良いのでしょう。

メラノーマの特徴をご紹介します。

【短期間で大きくなる】

普通のほくろは、ほとんど大きくなることはない、もしくは大きくなったとしてもとてもゆっくり成長していきます。

メラノーマは目で確認できるくらい大きさが変化し、その成長スピードはとても早いのが特徴です。

そのため、ほくろが急激に大きくなった場合はメラノーマの可能性が高いです。

【普通のほくろよりも大きい】

メラノーマはほくろに比べて大きいのが特徴です。

直径7mmを超えていたら、注意が必要です。

【手や足にできやすい】

メラノーマは手や足にできやすいんです。

足の裏や爪にできることが多いので、発見しにくい場所にできるのが特徴です。

【不規則な形】

ほくろの場合、ほとんどが綺麗な丸ですが、メラノーマの場合、不規則な形をしています。

形がいびつなものや周りがギザギザしている場合、メラノーマの可能性が高いです。

【色にムラがある】

ほくろは色にムラがなく、ほぼ均一な濃さの黒色をしています。

しかし、メラノーマは濃い部分があったり、薄い部分があったり色がまばらなのが特徴です。

【隆起していてしこりがある】

メラノーマは、触るとしこりのような感触を感じるのが特徴です。

通常のほくろでは考えられないような手触りでしたら、メラノーマの可能性が高いです。

メラノーマかもと思った場合

メラノーマの特徴をご紹介しましたが、いくつか当てはまる場合、早めに専門医に相談するようにしましょう。

メラノーマは非常に進行の早いがんですので、早期発見・早期治療がとても大切です。

まとめ

ほくろがかゆかったり、大きくなってきたりなどした場合、普通のほくろではなく、皮膚がんのメラノーマの可能性が高いです。

メラノーマはほくろと間違えやすいので、注意深く確認して、いくつかメラノーマの特徴に当てはまった場合、早急に病院へ行くようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ