★日焼け対策のおすすめケアは?男性も日焼け止めをした方がいい?


海水浴やバーベキューなど、夏は屋外のイベントが多いですよね。

屋外にいると日焼けが気になるところ。

日焼け対策のおすすめのケア方法はどうしたらよいのでしょうか?

おすすめケアを知っていれば、安心ですよね。

また、女性だけでなく男性も日焼け対策のケアが必要かと思いますが、男性はどのような日焼け対策をしたらよいのでしょうか?

そんな気になる日焼け対策のおすすめケアはどうしたらよいのか、男性の日焼け対策についてクローズアップ!

今回は『日焼け対策のおすすめケアは?男性も日焼け止めをした方がいい?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

日焼けについて

日焼け対策やケアについての話を進めるまえになぜ日焼けしてしまうのか、日焼けとは一体何なのでしょうか?

人間は生まれつきメラニン色素を持ち備えています。

そのメラニン色素が強い日差しから素肌を守ってくれるのですが、海水浴などで強い紫外線を大量に浴びてしまうと、過剰に紫外線量が皮膚に照射することでメラニンですら防げなくなった場合に色白の肌の人は真っ赤になったり、もともと褐色の肌の人はさらに小麦色になってしまいます。

さらに、近年、オゾン層破壊が深刻ですから紫外線もダイレクトに地上まで届きますので、皮膚の弱い方は紫外線を浴び過ぎてしまうことで皮膚がんを発症してしまうこともありますので注意しなければいけません。

  • サンバーン

    日焼けのときによく耳にするのがサンタンとサンバーンです。

    これは日焼け後の時間の経過と共に現れてくる現象により2つの種類で分けられています。

    サンバーンとは、紫外線を浴びてしまってから数時間後に赤みを帯びてきてその後、痛みを感じるようになり最低でも2日間はお風呂にも入れないほど痛い状態です。

    これは、紫外線の中の中波長紫外線(UVB)が皮膚の下まで届いてしまったことで真皮乳頭体の中にある毛細血管が充血を起こしてしまうほどの炎症反応のことを指しています。

    皮膚が単に赤くなるだけでなく、紫外線量が多くてメラニン色素だけでは防ぐことができなかったので炎症の下では細胞組織が破壊されてしまうのです。

    日光皮膚炎という医学名称もありますが、皮膚に熱をもつことと水ぶくれができてしまうこともあります。

  • 肌の皮がむける

    こんがりと日焼けをした後には皮がむけてきますが、この皮は日焼けしたことで肌の表面にある細胞が大きなダメージを受けてしまい剥がれ落ちてきてしまう症状です。

    剥がれ落ちるほどの影響力があるんです。

    また、爪で剥がすのも細胞を傷つけることになりますから自然に剥がれるまで待っているようにしましょう。

  • 肌が敏感になっている

    日焼けをした後は、肌が赤くなってしまいますし、ヒリヒリしたりお風呂に入ろうとすれば熱くて皮膚が痛いなどの色々な症状がでてきます。

    これは、皮膚の炎症であるサンバーンという火傷の症状です。

    それだけ肌が敏感になっていますのでそのまま放置しないように肌ケアをしっかりと行う必要があります。

  • サンタン

    強い紫外線を浴びても、もともと肌の色が褐色に近い人であればサンバーンのように赤くなる火傷の症状は起きにくいです。

    もともとメラニン色素で作られている褐色の肌ですが、サンタンの原因であるUVAは肌の真皮層まで到達してしまうのでシミが濃くなってしまったり、シワなどの原因となります。

日焼け止めの基礎知識

  • SPF

    SPF(Sun Protection Factor)は、主にUVBへの防止効果を数値化したものです。

    数字が大きいほど効果が高くなります。

    例えば、SPF50という表記がある場合、「紫外線が当たり出して日焼けするまでの時間(だいたい10〜20分ほど)を50倍遅らせることができる」という意味になります。

    日焼けまで20分かかるなら、20分 × 50倍 = 1000分(16時間40分)に延長できます。

  • 【スポンサードリンク】
  • PA

    PA(Protection Grade of UVA)は、主にUVAへの防止効果を数値化したものです。

    「+」の多いほど効果が高くなります。

    PAには以下の4段階があります。

    ・PA++++:極めて高い効果がある
    ・PA+++:非常に効果がある
    ・PA++:かなり効果がある
    ・PA+:効果がある

日焼け止めの選び方

SPFやPAは数値が大きいほど、もちろん日焼け防止効果が高いのですが、その分、肌への負担も大きなります。

自分のライフスタイルにあった、日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼けした時の対策

  • 冷やして肌の荒れを抑える

    日焼けをした肌は火傷をしたのと同じ症状です。

    まずは、火照った肌をしっかりと冷やすことが何よりの治療です。

    しかし、氷を当てれば皮膚の組織が破壊されてしまいますので冷やすにしても冷たい水で冷やすとか、水シャワーを浴びたり、保冷ジェルを冷やすなど行うようしましょう。

  • ビタミンやミネラルを積極的に摂る

    紫外線を多く浴びてしまった場合には日焼けの症状が出ている出ていないに関わらず、肌を健やかに保ってくれる食べ物を多く吸収することが必要です。

    ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてくれます。

    そのため、ビタミンCトマトやブロッコリーなどを中心としたものを食べることです。

    そして、ミネラル分にも細胞の再生を助けてくれる効果があります。

    大豆製品や牛肉などを摂るように心掛けるようにしましょう。

    また、他にも抗酸化作用のナッツ類やアボカドなども活性酸素を除去するので摂取するとよいでしょう。

  • 水分補給する

    日焼けをすると、火傷状態になりますから体の水分も奪われてしまいます。

    日焼け後に何だか体がだるいと感じるのは、脱水症状を引き起こしてしまっているんです。

    このような時に、無理をすれば頭痛がして微熱が出たり、フラフラとした状態に陥ってしまう場合もありますのでスポーツドリンクなどを飲みましょう。

    冷たすぎる飲み物よりも常温のほうが吸収力が高いと言われていますし、年齢によっては水などで薄めたスポーツドリンクを飲ませるようにしましょう。

  • 保湿効果を肌にとり入れる

    日焼けをすると、肌が火照っている状態ですから皮膚表面の体温も高くなっているはずです。

    そのままでは肌の水分がどんどん吸収されていまいますから一気に乾燥状態に陥ってしまいます。

    早めに刺激物が控えめの保湿化粧水をつけてください。

    その後はつけた化粧水が蒸発しないように乳液なども塗るようにしましょう。

男性も日焼け対策は必要?

肌を紫外線に無防備にさらし続けると男性も、肌の老化、シミ、そばかす、そしてシワの原因になります。

また皮膚ガンになるとも言われますが、必ずしも紫外線によるものではありません。

しかし、紫外線も一因である音には変わりなく、皮膚ガンは高齢になると発症が多いので、若いうちからの紫外線対策をとっておく必要があります。

まとめ

今回は日焼け対策のおすすめケアはどうしたらよいのか、男性の日焼け対策についてご紹介しました。

紫外線対策をできるだけ早くすることで、肌の老化、シワ、たるみ、シミなどの発生を少なくすることができます。

きちんと日焼け対策を行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ