★フェリチンとは?フェリチン不足は貧血?数値が低いとどんな症状が出るの?


たまに頭がクラっとしてしまうことがあり、その時の症状はきっと貧血だと思ってしまう方がいると思いますが、もしかしたらそれはフェリチンが不足してフェリチンの数値が低い表れかもしれません。

フェリチンとは人間の身体の中に存在しているタンパク質の一種で、貧血などの症状で鉄分が不足したときは このフェリチンが貧血によって不足した鉄分を補ってくれます。

このフェリチンについてなのですがフェリチンには数値があり、フェリチン不足によってフェリチンの数値が低いと血液中の鉄分が低い貧血などの症状の他にも肌荒れなどの症状も発生してしまい、鉄分不足などの症状で苦しい状態が続いてしまい、フェリチンの数値が低いと大変な状態になってしまいます。

ですので、今回は『フェリチンについてとフェリチン不足によってフェチリンの数値が低いと貧血以外にどんな症状が発生してしまうのか』について紹介します。

【スポンサードリンク】

フェリチンとフェリチンが不足するとどうなってしまうのか

フェリチンとは身体を構成する水溶性のたんぱく質の一種で、内部に鉄分を貯めることができるため「貯蔵鉄」や「第二の鉄」などとも呼ばれますが、正確には貯蔵鉄と結合しているたんぱく質のことをフェリチンといい、簡単に言うと鉄を多く貯めているところです。

主に肝臓や脾臓のような臓器や骨髄、小腸粘膜などの細胞内に存在する物質ですが、血液中にも少しフェリチンが存在しています。

ですが、このフェリチンが何らかの理由で不足してしまうと

まず、出血や摂取不足で鉄が不足すると、まず貯蔵鉄であるフェリチンから使われます。 次にフェリチンが不足すると血液中の鉄分(血清鉄)も次第に不足します。 最終的には鉄を材料にして作られているヘモグロビンまで作られなくなって貧血が発生してしまいます。

つまりは、フェリチンが不足すると鉄欠乏性貧血になってしまいます。

このフェリチンが不足してしまうと肌の細胞の入れ替わりがしにくくなって肌荒れになったり、免疫細胞の数が減って体調不良を起こし、神経伝達物質が不足して脳の働きが悪くなるなどの症状が発生し、その他にも不眠やイライラ、鬱、倦怠感などの様々な不調を起こしてしまいます。

以上がフェリチンとフェリチン不足についてです。

【スポンサードリンク】

フェリチンの数値について

フェリチンの数値や測定法にはいくつか方法があり、それぞれ異なります。

また、検査機関や医療機関によっても、正常とされる値がことなります。

フェリチンの数値の測定方法でよく用いられるのはRIA法と金コロイド凝集法です。

 

  • ・RIA法ですとフェリチンの数値は
    男性20~220ng/ml
    女性10~85ng/ml
  • ・金コロイド凝集法ですとフェリチンの数値は
    男性40~100ng/ml
    女性20~70ng/ml

以上の数値になります。

この数値が基準より下回っている場合は貧血の可能性があります。

フェリチンを増やす方法

フィリチンとは、通常のタンパク質と異なり、鉄をミネラルにして取り込んだ水溶性の球状タンパク質を貯蔵します。

フェリチンを増やすためには鉄を多く摂らなければいけませんがポイントがあります。

  • 1.身体に吸収されやすい形の鉄分を含んだ食べ物を食べる
  • 2.鉄分の吸収を助ける食べ物を同時に摂取する
  • 3.鉄分の吸収を阻害する食べ物を摂らないようにする

以上です。

食べ物の例としてはレモンやレバーなどの鉄分を多く含んだものを食べ、コーヒーや牛乳、炭酸飲料などの鉄分の吸収を邪魔してしまう飲み物や食べ物などは避けるようにしてください。

まとめ

まとめとしてはフェリチンが不足してしまうと肌荒れや脳の働きが悪くなり、正常な判断ができなくなってしまうので、レバーやレモンなどの鉄分を多く含んだものを食べ、逆にコーヒーや牛乳、炭酸飲料などは控えるようにしてください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ