★腹八分目の目安とは?腹八分目の感覚を掴んで、健康維持やダイエットに役立てよう!


よく、「腹八分目が健康にいい」と言われていますよね。

でも、腹八分目って具体的な目安がありませんよね。

自分のお腹の中は覗けませんし、人によっても満腹の量は違うので腹八分目も人によって違います。

腹八分目の目安とは、どれぐらいが目安なのでしょうか。

また、腹八分目は本当に健康やダイエットに効果的なのでしょうか。

健康やダイエットに気を使うなら、ヘルシーな食事や食事制限などをするイメージですよね。
食べたくても我慢して、腹八分目まで食べたらダイエットになっていないように感じます。
健康維持やダイエットに効果的であっても、腹八分目の目安が分からなければ、「いつのまにか満腹になっていた!」なんてこともありま
す。

そこで、腹八分目の分かりやすい目安と健康維持やダイエットにどう役立てていけばいいのかをご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

腹八分目の目安

具体的に、腹八分目とはどのような目安があるのでしょうか。

「あーお腹いっぱい!」は、満腹ですよね。

それに対し、腹八分目は「空腹感は無くなったけどまだもう少し食べられる。」ぐらいが腹八分目です。

好きな物は食べるけど、少し物足りなさを感じるぐらいが丁度いいのです。

もう少しわかりやすく数字で表すと、

日本人の成人の今の1日の総摂取カロリーは2000kcalとされています。

これを腹八分目に置き換えると20%減なので、1600kcalになります。

もう一つは、2000kcalか、1600kcalを引いた400kcalをカットするという方法です。

いつもの食事から400kcalを少しづつカット出来れば、腹八分目になります。

無理をして食事制限をするよりも、好きな物を食べながら腹八分目に抑えるとストレスをあまり感じないのでリバウドもしにくくなります。

【スポンサードリンク】

腹八分目を健康維持やダイエットに役立てる!

腹八分目は、本当に健康にいいのでしょうか?

アメリカでラットを使って行われた研究では、

腹八分目(80%)に抑えたマウスと食べ放題にしたマウスとでは、腹八分目にしたマウスの方が寿命が1.6倍も増えたそうです。

腹八分目は、サーチュイン遺伝子という遺伝子が活性化されて長寿効果を生み出します。

また、免疫力もアップすることが出来、脳卒中、心筋梗塞、高血圧、糖尿病などの生活習慣病にも効果的です。

免疫力がアップしたら、肌細胞も活性化するのでお肌もキレイになります。

腹八分目は、アンチエイジングとしても効果的だと言えるでしょう。

また、腹八分目は量を抑えるだけでなく自然とカロリーも抑えることが出来るためダイエットにも効果的です。

腹八分目にするだけ!と言っても、たまにはお腹いっぱい食べたいと思ってしまうと辛いですよね。
腹八分目でも辛くならないようにするためには、

食事に時間をかけることが大切です。

腹八分目の量を少しずつ食べてよく噛むこと。

一回、口に物を運んだら一度箸を置く。

また、野菜から食べて血糖値の上昇を緩やかにしてからメインを食べるなどすると、太りにくい体にすることが出来ます。
食事をしてから、脳が満腹中枢を刺激するのには、20分かかると言われています。

なので、最低20分は食事の時間を取りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

食事をして、自分の腹八分目はどれぐらいかな?と感覚を掴んでみて下さい。

そして自分が普段、どれぐらいのカロリーを摂取しているのかを把握するのも大事です。

一気に食事制限をするのではなく、腹八分目にしておいて、無理なく健康維持やダイエットに繋げていきましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ