鼻水の色が変わったら風邪の兆候?原因とは?


冬の寒い時期に、体の調子が悪くなると鼻水の色が変わって黄色や緑になりませんか?特に風邪かな?と思うぐらい咳をゴホゴホしはじめると、鼻水も止まらなく出てきて、いつの間にか透明だった鼻水が黄色っぽくネバネバしてくるので余計に気分も悪くなってしまいます。

鼻水の色が変わる原因は、風邪のウイルスが起因しています。人間の体は、ウイルスのような異物が入ってくると、それを退治しようと格闘(主に白血球の役目)が始まります。風邪で鼻水の色が変わる原因は、人間の兼ね備えた治癒能力に起因する通常の活動なのです。

ですので、風邪をひいて鼻水の色が変わっても焦らないでくださいね。しかし、いつまでも鼻水の色が透明に戻らないと言った、慢性的な状態になっている人は注意が必要です。悪化して「副鼻腔炎」という症状になっているかもしれないからです。

今回は、『鼻水の色が変わったら風邪の兆候?原因とは?』と題してご紹介します。

【スポンサードリンク】

黄色や緑の鼻水が出る原因とは

風邪をひいて人間の体に風邪ウイルスが入ると、体内の白血球が反応して戦いが始まります。戦いの結果、風邪ウイルスと白血球の死骸がでてきます。この死骸は「膿」として鼻の中に残り、結果的にこの膿が鼻水の色を変化させていきます。

風邪をひき始めたときの鼻水は、透明でサラサラしていますが。徐々に粘り気(このときはまだ透明)を含んでいきます。そして黄色い粘り気のある鼻水となり、さらに悪くなると鼻水が緑色になっていきます。これは、鼻水に膿が溜まっていくことが原因で起こるものです。

透明サラサラ

透明ネバネバ

黄色のネバネバ

緑色ネバネバ(さらに悪化した場合)

鼻水がネバネバして色が変化するのは、膿が溜まっていった結果ですので、色が変わることは、風邪の治りかけとも言えます。しかし緑色まで変わった場合は、副鼻腔炎の可能性もあります。

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎は、鼻にある四か所の副鼻腔が、鼻水により炎症を起こすこと蓄膿症とも呼ばれています。炎症は、風邪やインフルエンザなどで膿が出て、鼻に溜まっている状態が長引くことで発症します。

風邪をひいて炎症を起こしてしまい、その後もなかなか鼻水の色が透明にならない。と言った慢性的な状態になると、「慢性副鼻腔炎」の可能性がありますので注意が必要です。

通常の副鼻腔炎は自然治癒で治るケースが多いですが、悪化すると手術が必要な場合がありますので、長引く場合や状態がひどい時は、早めに医療機関を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

早く治すには

鼻水の色が黄色に変化しているのは、風邪が治りかけである状態に思えるかもしれませんが、風邪ウイルスが体内に残っていますので、まだ注意が必要な状態です。

体調を整えるためにも無理をせずに、睡眠をよくとることが肝心です。また、食事は栄養のあるものを心がけましょう。特にアルコールやタバコなどは控えると良いでしょう。風邪の治りかけの時期は、特に気をつけてください。

副鼻腔炎が悪化して慢性化している場合は、抗生剤の投与が必要なので、医療機関で薬を処方してもらう必要があります。早めの受診を心がけてください。

まとめ

今回は、鼻水の色が変わる原因や副鼻腔炎、早く治すための方法についてご紹介いたしました。鼻水の色が変わる原因は、体内で風邪ウイルスと白血球と戦った結果にでる死骸(膿)が原因です。膿が鼻にたまることで、鼻水がネバネバしたり、黄色や緑色になったりします。

この膿(死骸)が原因で、鼻水が副鼻腔に慢性的にたまると、慢性副鼻腔炎になる場合がありますので注意してください。慢性副鼻腔炎になった場合は、いつまでも色のついた鼻水が出てしまいます。その場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ