★歯医者を怖がる子供を歯医者に連れていくにはどうすればいいの?歯医者嫌いを克服する方法!


歯医者が怖い、歯医者が苦手という方も多いのではないでしょうか?

歯医者で削られる際の音や振動や匂いなど、人によって苦手なポイントも違ってくるでしょう。

大人でも苦手な歯医者は、子供も歯医者を怖がるようになったり、嫌いになったりしてしまいがちです。

でも、怖がるため、歯医者に連れて行かず、そのまま放置すると余計酷くなってしまう可能性があります。

できれば歯医者嫌いを克服して、歯医者に連れていこうとする度に苦労したくないですよね。

でも、歯医者を嫌いで怖がる子供に対して、どのように歯医者を克服させればよいのでしょうか?

克服させるコツなどはあるのでしょうか?

そんな気になる歯医者嫌いで怖がる子供を克服させる方法についてクローズアップ!

今回は『歯医者を怖がる子供を歯医者に連れていくにはどうすればいいの?歯医者嫌いを克服する方法!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

歯医者が嫌いになってしまうのは何故?

子供はとても敏感なので、一度恐怖心を感じてしまうと、その事柄や場所に対して強い抵抗力を感じるものです。

大人の場合なら我慢もできますが、感情を素直に表現する子供は、そうもいきません。

そして、「歯医者は怖い所」と記憶に一度刷り込んでしまうと、大人になってからでもその記憶は消えません。

見えないところで何かをされているということも、怖がる理由です。

この歯が虫歯になっているから、悪いところを取るために治療が必要である事をわかりやすく説明すると子供も理解しやすいです。

また、歯医者さんを子供にとって恐怖の対象として話をしていませんか?

何か子供が良くないことをしたときなどに罰として「歯医者さんに連れて行くよ」と言うなど、子供にとって歯医者=恐怖の場所だと認識させるようなことはやめましょう。

子供が怖がるのには理由があるので、その原因を解消してから歯医者に行くようにしましょう。

もちろん説明しても泣いてしまう可能性はありますが、歯医者は決して怖いところではない、歯の治療のために行く必要があるということをしっかり伝えることが、歯医者嫌いを防いだり直したりすることにつながります。

歯医者を怖がる子供を克服させるコツは?

  • 小児歯科という選択

    小児歯科には、絵本や遊具があるキッズルームがある歯医者や、お子さんのお気に入りキャラを聞いておいてキャラクターもののマスクで治療をしてくれる歯医者など、子供がリラックスして治療を受けることができる環境が整っています。

    普段行く歯医者が怖いと思っている子供に、小児歯科を受けさせてあげるのもよいでしょう。

  • 痛くない治療を選択する

    現在、痛みの少ない治療の選択肢が広がっています。

    ドッグベストセメントという治療法という神経をとる必要も少なくなり、ほとんど削らないので、歯へのダメージを最小限に抑えることができる負担の少ない治療や、恐怖心を和らげる笑気麻酔など様々な治療方法があります。

  • 歯科医師と信頼関係を築く

    子供を押さえつけて歯の治療をすることもできますが、それが原因で子供に恐怖心を植え付けてしまったら、その後の治療が大変になってしまう可能性もあります。

    歯医者さんとの間には、信頼関係をしっかり築くことが大切なんです。

    歯医者さんと信頼関係がきちんと築けた後であれば、多少の押さえつけがあっても不安感が長く続きません。

【スポンサードリンク】

歯医者嫌いにならないためには?

  • 口を開けることに慣れる

    子供は、口の中を触られるのを非常に嫌がりますので、日ごろからお父さんやお母さんがお口の中をのぞいてあげて、口の中を触られたりすることに慣れるようにしましょう。

  • 治療でなく予防の段階から連れていく

    歯が健康なうちから定期的に通って、その雰囲気に慣れるところから始めてみるようにしましょう。

  • 治療が終わったら、褒める

    我慢して治療ができたら、すぐにほめることが大切です。

    褒められて嬉しくない子供はいませんから、褒める事でも気持ちが高まり自信につながります。

まとめ

今回は、歯医者嫌いな子供を克服させる方法についてご紹介しました。

大人でも嫌いな人がいる歯医者を子供に好きになれというのが難しいのかもしれません。

歯医者嫌いなお子様を克服させる方法をぜひ試してみてください。

そして、歯医者の選び方は、治療の腕も気になりますが、子供との信頼関係をきちんと築いてくれるようなところを探すとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ