★つらい咳・痰・鼻水、長引くときに考えられる夏風邪以外の病気は?


「咳・鼻水さらには痰が長引くけど、考えられるのは夏風邪だからかな?さらに、と深く考えずにいたら、いつまで経っても症状がよくならない」なんて経験ありませんか?

夏風邪は長引くと言われ、いつまでも咳や鼻水、さらには痰まで出るのは辛いですよね。

でも、実はそれ、夏風邪ではなく、重い病気かもしれません。

咳・痰・鼻水が長引くときに考えられる病気とは一体何でしょう。

夏風邪との見分け方はあるのでしょうか。

そんな気になる咳・痰・鼻水が長引くときに考えられる夏風邪以外の病気についてクローズアップ!

今回は『つらい咳・痰・鼻水、長引くときに考えられる夏風邪以外の病気は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

出ている症状でチェック

 

  • 【咳の症状】まずは、咳の症状から見ていきましょう。夏風邪の場合の咳は、1週間ほどで治る事が多いです。そして、夏風邪の咳は夜になると悪化します。

    これは、夜になると副交感神経が優位になり、咳が出やすくなったり、布団に入って仰向けの姿勢になることで、鼻水が喉元に落ちて痰が気道を塞いでしまい、咳が出やすい原因となります。

    咳が辛くて眠れなかったり、一週間以上続くような場合は病院の受診を受けるようにしましょう。

  • 【痰の症状】痰が出る症状は、3日~1週間ほどで治ることが多いです。そもそも、痰というのは、気管や気管支の粘膜から出た分泌液で、この中には体内に入り込んだホコリや、ウイルスと戦った白血球の残骸が含まれています。痰として体の外に出すことで、気道を守ってくれているんです。

    なので、痰を我慢したり、飲み込まずに、どんどん出すようにしましょう。

  • 【鼻水の症状】鼻水の症状は、3日〜1週間ほどで治ることが多いです。さらに、夏風邪の鼻水は、透明に近い色のことが多いですが、色が黄色や緑であれば、別の病気が発症していて、症状が長引くこともありますので注意が必要です。そして、ついつい鼻水をすする行為していませんか?

    鼻水をすする行為は、体外へ出かかっているウイルスや細菌を再び体内へ入れしまうことにもなるんです。

    そのため、できるだけこまめに鼻をかむようにしましょう。

【スポンサードリンク】

咳・痰・鼻水が長引く場合は、他の病気の可能性がある?

咳・痰・鼻水が長引く場合、夏風邪ではない可能性があるんです。

 

  • 【夏型過敏性肺炎】夏に増殖するタイプのカビが増えるのが原因で、ハウスダストアレルギーを伴う病気です。最初は咳・痰・鼻水だけの症状が悪化して、呼吸困難や高熱を伴うようになります。夏風邪と似ているのが特徴です。

    しかし、咳が数週間~1ヵ月ほど長引く事もあるので、掃除が大切です。

  • 【肺がん】咳が長引く場合には「肺がん」も疑われます。肺がんは、男性に多く、最も死亡率の高いガンとなってます。初期症状に咳が出る他、息切れや胸痛、血痰、発熱といった症状があります。

    8週間以上咳が続くとなると肺がんを含めた何かの病気であることが多いです。

    さらに、肺がんの場合、他のガンに共通する症状である全身の倦怠感、食欲の低下、急激な体重減少などもみられますので、これらの症状がある場合、早めの診察を受けましょう。

  • 【マイコプラズマ肺炎】夏風邪で免疫力が低下したときに発症しがちな病気で、5~10歳の子供が発症する事が多いです。最初は風邪の熱から始まり、2~3日後に咳が現れます。そして、湿った咳・鼻水・発熱・喉の痛み・緑~黄色の痰の症状があり、咳は1ヵ月以上長引く事も多いです。
  • 【咳喘息】夏風邪で免疫力と気管が弱ったときに咳喘息になりがちになります。原因としては、気管が炎症を起こす事で発症します。激しい咳・鼻水・痰・喉の痛み・発熱の症状が現れ、咳は1ヵ月以上長引く事も多いそうです。
  • 【蓄膿症】蓄膿症は、夏風邪と症状が似ており、鼻と頬の間にある空間が炎症を起こすことで発症します。黄色い膿のような鼻水・発熱・咳・痰・顔面の痛み・発熱などの症状が現れ、数ヶ月以上長引く事が多いです。
  • 【インフルエンザ】冬だけでなく夏でも流行するインフルエンザは、高熱を伴う夏風邪と症状が似ています。咳・痰・鼻水・筋肉痛・高熱・悪寒などの症状が現れ、咳は2週間以上長引くのが特徴的です。そして、痰は透明な色をしています。

まとめ

今回は、咳・痰・鼻水が長引くとき、夏風邪以外に考えられる病気についてご紹介しました。

夏風邪の咳は、1週間ほどで治る事が多いですが、1週間以上長引くようでしたら、他の病気を疑うようにしましょう。

夏風邪だからとあまり深刻に捉えず、あまり症状が改善されることなく続くようでしたら、早めに病院で診察してもらうようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ