★腹痛に効く食べ物、飲み物って何?


腹痛に効く食べ物や飲み物って実際にあるのでしょうか?

人はいろんな痛みがありますが、耐えられる痛みと、苦手と感じる痛みがあります。

それは人によって出てくる症状がが多分違ったり、子供のころからの嫌な記憶が関係していたりすることも考えられます。

子供のころからよく腹痛がはじまると痛みとともに気分まで悪くなってしまう。

大人になってもその習慣は変わらずお腹が痛くなり始めると気分が悪くなるなどということはありませんか?

腹痛には弱いが頭痛がしても気分まで悪くなることはほとんどないなどの違いがあったりすることがもしあるとすればそれは精神面からも来ていることもあるかもしれませんね。

そのような精神状態は自分の繰り返した感情の積み重ねで作られてきているともいえるのですが

ここで大きなヒント!

自分で繰り返して痛みと感情を繋げられたのです。

ということはその逆もできるとも考えられませんか。

たとえば

腹痛がはじまったら、食べ物だったら梅干を食べるとか、リンゴを食べるなど

飲み物であれば常温水や白湯、具を取り除いた味噌汁などを口にすると腹痛に効くという

習慣を自分で作っていくことも可能です。

もちろん今あげたものは胃や腸を刺激しすぎないものばかりですからどれでも大丈夫です。

腹痛になると我慢できない人は自分で自分に暗示をかけるような形ですが

それで腹痛に効くという新しい思考が繋がればうれしい効果となります。

そこで今回、『腹痛に効く食べ物、飲み物って何?』題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

腹痛のときは無理に刺激せず水分補給は忘れず

どこかが痛いなどのときはどうも何もしたくないし、何かを食べたい気分にもなれないと思います。

しかし水分補給は忘れず適度に入れましょう!

冷たすぎず、カフェインなどの刺激も避けることや、食べ物では少量にすることや脂分の少ないものにしたり、消化に負担とならないように柔らかいものなどがおススメできます。

【スポンサードリンク】

腹痛時に避けた方がいいこと

乳製品は避けた方がいいです。

刺激が強い辛みやスパイスが強いもの。

アルコール、冷たい食べ物、飲み物、脂肪分の多い食べ物

お腹を冷やさない、トイレを我慢しない。

などこれらは避けた方がいいです。

お腹が痛いときのした方がいいこと。

お腹を優しく摩ってあげる、決してお腹などを強く押さない圧迫させない。

ゆっくり深呼吸をする。体全体を温める。

最後に

すぐに薬を飲みたがる人もいます、薬を求める人は薬を!

しかしそのすぐに薬を飲むということは体が悪いものがあるから良くするために痛みを出している腹痛なのに痛みを無理やり止めてしまうことにもなります。

体の中にある悪いものを出さないまま痛みを消すというのは悪いものは出さなくていいということにもなるので体にはドンドン悪いものが貯まっていきます。

いつでも薬に頼るようになるとそのような体になります。

できれば自然な食べ物や飲み物などや、体を温めたりしながら毒素が出ききるまで待つという

ことを繰り返していくと体は強くなっていきます

食べ物や飲み物ですから痛みを消すということではなくて痛みを和らいでいくのを待つといった感じになるのですが、それまですぐに薬に頼ってきているとすればなれるまで大変だと思います。

確かに痛みは人によって違いますから無理をし過ぎてしまわないようにしてください。

腹痛でも頭痛でも日頃から何か負担になるような自分があるのかもしれません。

元気な時にその何か負担となっている考え方や行動などがあれば変えてみることもいいですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ