★脱水症状による子供の頭痛や下痢の対処法は?


脱水症状になると体内の水分や塩分の不足によってさまざまな症状が出てきます。

のどの渇きや下痢、頭痛などが生じることもあります。

頭痛や下痢などを伴う脱水症状の場合、どのような対処法を行えばよいのでしょうか?

また、子供が脱水症状になったとしたら、焦りますよね。

子供が脱水症状になって、下痢、頭痛の症状が出ている場合、どのような対処法をすればよいでしょうか?

そんな気になる子供の下痢や頭痛を伴う脱水症状の対処法についてクローズアップ!

今回は『脱水症状による子供の頭痛や下痢の対処法は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

脱水症状とは?

体に含まれる水を「体液」と呼びますが、体液は体の60%を占める水分とミネラル(電解質)、タンパク質などで構成され、生命維持に関わるさまざまな役割を果たしています。

脱水症状は、何らかの要因により体内の水分とミネラルの一つであるナトリウム(塩)が不足している状態です。

脱水の種類は水分・ナトリウムの損失に関係して大きく二つに分けられます。

  • 低張性脱水

    低張性脱水とは、水分と一緒に血液中のナトリウムが不足してしまう状態です。

    だるさや吐き気、けいれんなどの症状が現れます。

    長時間のスポーツなど、発汗をともなう際に発症しやすくなります。

  • 高張性脱水

    高張性脱水とは、体内の水分だけが不足する状態です。

    発熱や激しい口渇状態、意識の混濁なども起こすことがあります。

    自分で水分補給ができない乳幼児、高齢者に発症しやすいです。

    目に見える発汗の他にも、無意識のうちに失っている水分量は体重50kgの人で1日に1000mlになるといわれており、気温上昇や乾燥など環境による要因の他に、風邪などでも水分は失われます。

    体液は、栄養素の運搬や老廃物の除去、体温調節、新陳代謝などの生理的機能も担っているため、脱水症を引き起こすといろいろな症状があらわれます。

    下痢・嘔吐などの水分損失を伴う症状、また風邪・肺炎などの発熱時にも脱水症になる可能性があります。

    特に乳幼児・高齢者では、必要な水分量や水分不足を感じにくいなどの違いがあるため、注意が必要です。

子供が脱水症状になる原因は?

  • 体内に摂りいれる水分が減る

    脱水症状は、病気による嘔吐や呼吸困難という症状など水分が摂りにくいときに起こりやすくなります。

    また、夢中で遊んでいるときなど、何か熱中しているときに水分補給を忘れてしまい、体内の水分量が減ってしまったときにも起こります。

  • 体内から大量に水分を失う

    たくさん汗をかいて発熱や、嘔吐、下痢などで、体から水分が大量に失われるときにも脱水症状が起こりやすくなります。

    特に真夏などで室内の温度が高いときには、脱水症状が起こりやすいです。

【スポンサードリンク】

脱水症状による頭痛や下痢

脱水症状を起こすと、初期段階に頭痛や吐き気を発症することが多いです。

脱水症状の頭痛では、水分不足によって血流の流れが悪くなり脳に十分な栄養や酸素が供給されなくなることが原因です。

ただ、頭痛の原因が脱水症状によるものだと認識しにくいのが問題です。

吐き気がある場合は、一度に多量の水分を与えてもさらに吐き気を誘発してしまうので注意が必要です。

こまめな水分補給と飴などで塩分を補給が必要です。

頭痛も吐き気も、夏風邪などと見分けがつきにくいことが多々ありますが、症状が出た時点で水分や塩分の補給をしてください。

脱水症状を起こさせないためには?

  • 水分補給

    成人50㎏の人の場合、1日約1.2リットルの水分を摂取しましょう。

    汗や尿で排出される量を合わせると1日約2.5リットルが必要な水分量ですが、そのうちの約0.3リットルは体内で生成され、約1リットルは食事から補給できます。

    赤ちゃんや子ども、高齢者の場合は成人よりもさらに多くの水分量が必要なので、家族が意識して摂取するようにしましょう。

  • 高温多湿、無風環境を避ける

    クーラーの効かない夏の締め切ったマンションなどの屋内にいると、脱水症状を起こす間もなく熱中症に発展してしまう可能性があります。

    とくに、夜間、脱水症状を起こさないように注意してください。

    扇風機やクーラーをタイマー設定にし、風のある状態にしましょう。

    子どもや高齢者には、涼しい格好や寝る前の水分補給などを家族が十分に注意をしてあげましょう。

まとめ

今回は、子供の下痢や頭痛を伴う脱水症状の対処法についてご紹介しました。

脱水症状は年齢問わず誰にでも起こり得る、危険な症状です。

こまめな水分、塩分の補給を毎日忘れずにするようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ