★ダイエットで肉割れが?!原因と消し方、予防するには?


あなたは、肉割れになったことがありますか?

またその原因と消し方、予防方法は何なのでしょうか。

肉割れは、ダイエットをして痩せた時や急激に太った時に現れます。
肉割れは、目立他ない所に現れるとあまり気になりませんが、目立つ所に出来てしまうと、本当に嫌ですよね。

そもそも肉割れの原因はご存知でしょうか?

肉割れになる原因を知って、消し方や予防法も覚えておきましょう。

頑張ってダイエットをして、痩せてみたらひどい肉割れになってしまってそれがまた悩みになってしまっている人も居ますよね。
肉割れは、出来てしまったらもう戻らない、消し方や予防する方法なんてないと思っていた方も多いのではないでしょうか。

また、消し方も大事ですが何より肉割れに最初からならない方がやはりいいですよね。
これからダイエットをしようとしている人も、肉割れになる原因や肉割れにならないための予防もしっかり頭に入れておきましょう。

そこで『肉割れになる原因と消し方、予防する方法』をご紹介します。

【スポンサードリンク】

肉割れになる原因と消し方

肉割れになる原因は、皮膚の収縮によって起こります。

ダイエットをして痩せた時や、急激に太った時などは体内の質量が変わるため、皮膚表面がそれに追いつくことが出来ずに肉割れとして現れてしまいます。

女性が妊娠した時に出来る妊娠線も肉割れです。

また、太ったときに出来る肉割れは表面の収縮だけではなく、体内に溜まった老廃物やセルライトが原因の場合もあります。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織という3つの層から出来ており、肉割れが起こるのは、真皮に傷が出来てしまった時です。

表皮は以外と伸縮性に優れており、表皮だけに傷が出来ても肉割れとして残ることはありません。

それに対し真皮は伸縮性があまりなく傷ができると残ってしまい肉割れとして現れてます。

肉割れの一般的な消し方としては、ドラッグストアでも売られているマッサージクリームやピーリングクリームです。

それほど深くない肉割れや、よく見ないとわからない程度の肉割れでしたら、クリームなどでも消すことは可能です。

しかし、凹凸が目に見えてあるような深い肉割れが出来てしまっている場合は自力で消すことは出来ません。

そのような場合はレーザー治療やイオン導入をお勧めします。

これらの治療は、美容クリニックで受けることが出来ます。

レーザー治療は、レーザーで肉割れが出来ている部分を収縮させて消したり、特殊なレーザーを使用してコラーゲンの生成を促し、肉割れを消すという方法です。
イオン導入は、コラーゲンやビタミンCなどの肌を生成するための成分を超音波を使って肌の奥深くに浸
透させて消すという方法です。

どちらも美容クリニックで受ける事が出来るのでクリームでは効果がない人は、美容クリニックに相談に行ってみましょう。

【スポンサードリンク】

肉割れを予防する方法

これからダイエットをしようとしている人や妊娠している人は、肉割れにならないように予防するのが1番です。

 

  • *保湿で肉割れを予防する
    肉割れは、乾燥からも生じます。また、乾燥している肌はターンオーバーを行われず古い皮膚が新しい皮膚に変わりにくくなります。ターンオーバーを高めるためにも保湿はかなり有効的です。

    特にお風呂上がりや、寝起き、冬場などは乾燥しやすいので保湿クリームを欠かさず塗りましょう。

  • *食べ物で肉割れを予防する
    肉割れを予防するのに効果的な食べ物は、コラーゲンやビタミンCを含むものが良いです。コラーゲンは、新しい皮膚を生み出すための栄養素となります。ビタミンCは、コラーゲンを生成するのに必要な材料となります。

    コラーゲンは、鳥の軟骨や鰻、牛すじやすっぽんに多く含まれています。

    ビタミンCは、果物だけではなく野菜にも多く含まれており、特にピーマンやブロッコリーといった鮮や
    かな緑色をした野菜に多く含まれています。

    ダイエット中の人は鳥の軟骨や野菜を中心に食べるとカロリーも低いので良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今まで肉割れに悩んでいた人や、これからダイエットや妊娠をする人は覚えておいたほうがいいですよね。
せっかくダイエットをして痩せても肉割れが酷くては、残念ですよね。

そうならないためにも、日々の保湿やコラーゲン、ビタミンCを摂取するのは大切です!
今まで肉割れを諦めていた方は、消し方もぜひ試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ