汗の臭いが酸っぱい!?嫌な臭いの原因と臭いを消す方法!


運動した後や、暑い夏に外を歩いていると汗が出ますよね。

その汗なんか酸っぱい臭いがするという経験をしたことはないでしょうか?

自分で汗が酸っぱい臭いがすると感じると、他の人から自分は臭いと思われているんではないかと考えると気が気でならないですよね。

制汗剤や制汗スプレーなどで臭いを消そうとしても、酸っぱい臭いは消えてるのか不安になりますし、もし制汗剤がない場合、どうにか臭いを消す方法がないかとても焦りますよね。

汗が酸っぱい臭いになる原因は一体何でしょうか。

その原因を知り、臭いを消す方法気になりますよね。

しかし、汗の酸っぱい臭いの原因とそもそも臭いを消す方法を知っていれば汗をかいても安心できますね。

酸っぱい臭いがする汗の原因と消す方法にクローズアップ!

今回は『汗の臭いが酸っぱい!?嫌な臭いの原因と臭いを消す方法!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

臭いが酸っぱい原因は何?

汗には臭う汗と臭わない汗と2種類あります。

体温調節のために“エクリン腺”という汗腺から分泌される汗。

そして、緊張など精神状態が原因で”アポクリン腺”という汗腺から分泌される汗の2種類があります。

  • 【エクリン腺】エクリン腺からでる汗の成分は、水分が99%なので本来は無臭です。

    なぜ酸っぱい臭いがするかというと、エクリン腺の汗に含まれる疲労物質の”乳酸”が影響しています。

    息が切れない軽い運動の場合は、乳酸は二酸化炭素と水に分解され、体外に排出されます。

    しかし、激しい運動をすると乳酸は汗に混ざることがあります。

    それは、激しい運動をすることにより乳酸が発生しますが、代謝が追いつかず、汗に混ざって排出されるのです。

    この乳酸が汗と混ざることで酸っぱい臭いがします。

  • 【アポクリン腺】アポクリン腺は、「脇の下」、「陰部」、「肛門」、「乳輪」、「耳の中」など限られた箇所にしかありません。

    特に、脇の下は汗腺が集中しているため汗をかきやすい場所なんです。

    アポクリン腺からでる汗の成分は、”タンパク質”、”脂質”、”アンモニア”、”鉄分”です。

    汗をかいて時間が経つと、独特の臭いが発生します。

    また、運動不足により新陳代謝が悪くなると汗腺が衰え、アポクリン腺から必要以上に分泌物が発生し、汗と一緒に排出されることにより、ワキガなどの臭いの原因になります。

    さらに、日頃から肉ばかりの生活ですと、体臭が臭くなります。

    肉に含まれる動物性たんぱく質は分解されるときに、アンモニアが発生します。

    そのため、肉ばかりの生活で汗をかくと、汗からアンモニアが混ざって排出されます。

【スポンサードリンク】

汗の臭いを軽減するためには?

では、汗の酸っぱい臭いを減らすためには、なくすためにはどうしたらよいのでしょうか。

  • 【清潔にする】体を綺麗にしていないと臭うのは当然ですので、毎日入浴しましょう。

    汗や皮脂を栄養として、”表皮ブドウ球菌”という善玉菌があります。

    表皮ブドウ球菌は皮膚を酸性に保ってくれる役目があります。

    しかし、体を洗いすぎて表皮ブドウ球菌が皮膚から居なくなってしまうことで、悪臭の原因となる脂肪酸が繁殖してしまいます。

  • 【制汗剤を活用する】制汗剤は汗腺を塞いで汗を抑えてくれます。

    気になった場合、制汗剤を使うのも効果的です。

  • 【水分を積極的に摂りましょう】水分補給が少ないと血液内の水分濃度も低下してしまいます。

    積極的に水分を摂るようにしましょう。

  • 【疲れを溜めないようにしましょう】疲労物質の乳酸は酸っぱい臭いを発します。

    できるだけ入浴して体を温め、しっかりと睡眠を取り、乳酸を溜めないようにしましょう。

  • 【バランスの良い食事をしましょう】食べているものも汗の臭いに影響してきますので、偏った食事ではなくバランスのよい食事を取りましょう。
  • 【適度な有酸素運動】運動不足による代謝不足でも臭いが発生しますので、適度な運動は行うようにしましょう。

酸っぱい臭いは糖尿病が原因かも?

乳酸がでないようにすることで、臭いを抑えられるとご紹介しましたが、これ以外にも酸っぱい臭いを発するケースがあります。

それは糖尿病です。

糖尿病の場合、酸っぱい臭いの「ケトン体」が体内に増えることで、口や体全体から酸っぱい臭いが出ます。

糖尿病と気付かず、放置していると症状が悪化しますので、糖尿病かもしれないと思ったら早めに病院にて受診するようにしましょう。

まとめ

酸っぱい汗の臭いについてご紹介しました。

汗をかいた場合、汗をしっかり拭くようにし、制汗剤などを使うと抑えられます。

制汗剤ばかりに頼らず、日頃の生活の見直しを行うことで臭いも減らせますので、ぜひ見直してみませんか?

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ