炭酸水の効果とデメリットは?飲み過ぎると何か影響があるの?


水道水が飲用に適さないヨーローパでは、古くから食事の際に飲むものの一つとして、天然水や炭酸水が愛飲されて来ました。

この事に影響を受けたのか、日本でもフレンチやイタリアンのレストランやカフェを中心に、ガス入りのミネラルウォーター、ペリエやサンペレグリーノなどの炭酸水を飲む人が多くなって来ています。

ヨーロッパで食事中に炭酸水が飲まれる様になったのは、料理との相性や消化に良いなど炭酸水の持つ効果や、単に水道水との区別をつけるためなど、色々な説があります。

しかし日本では炭酸入りの飲み物というと、コーラやサイダーなどの清涼飲料水、ウイスキーや焼酎などのお酒を割るクラブソーダやトニックウォーターなど、純水に二酸化炭素を工業的に含ませた炭酸水のイメージがまだまだ強く、炭酸飲料を飲み過ぎると体に悪い影響があると言ったデメリットが独り歩きしている所もあります。

ネットや雑誌など様々なメディアでは、炭酸水が美容やダイエットに良い効果や影響があるとされる反面、飲み過ぎると体が酸性になるなど様々な健康面でのデメリットも言われています。

それでは本当に炭酸水は美容やダイエットに効果があるのでしょうか?そして飲み過ぎるとどの様なデメリットや体に悪影響があるのでしょうか?

飲み過ぎてデメリットがあるのであれば、効果的な飲み方はどの様なものでしょうか?

そこで今回は『炭酸水の効果とデメリットは?本当に飲み過ぎると何か影響があるの?』について紹介します。

【スポンサードリンク】

炭酸水を飲むとどの様な効果がある?

炭酸水を飲む事で効果があるとされているものには、

 

  • ・ 疲労回復
    炭酸には疲労物質である乳酸を排出する効果があると言われています。
  • ・ 整腸作用
    炭酸が胃を刺激し腸のゼンドウ運動が活発になると言われています。
  • ・ 血行増進
    炭酸水に溶け込んだ二酸化炭素が血液に吸収される事で、脳が酸素不足の状態と勘違いし、回復のために血流量が増えると言われています。
    また血流量が増える事で体内の器官が活性化し、新陳代謝がアップし美容に良いとされてもいます。
  • ・ 満腹感
    炭酸によって胃が膨らみ早く満腹感が得られる事で、ダイエットには効果的とされています。
  • ・ 美肌効果
    血流量の増加に伴う新陳代謝によりカラダの内部から、また炭酸水は浸透性が高く、洗顔する事で古い角質などのタンパク質を吸着し除去すると言われています。

最近では炭酸風呂も人気がある様です。

【スポンサードリンク】

炭酸水のデメリットは?

逆に炭酸水を飲み過ぎる事でデメリットとされているのは、

 

  • ・ 歯のエナメル質が溶けて虫歯になる
    歯のエナメル質は酸性に弱くPH5.5以下で溶けはじめると言われています。(これを酸蝕症と言います) 市販の炭酸水はPH5~5.5なので酸蝕症からエナメル質が溶け虫歯になると言われています。
  • ・ 骨がもろくなる
    体内のカルシウムが減り、骨がもろくなると言われています。
  • ・ 代謝が悪化したり疲れやすくなったりする
    炭酸は酸性なので飲み過ぎる事で、カラダが酸性になり代謝の悪化や疲労感が生じると言われています。
  • ・ 炭酸の刺激で胃炎を起こす
    胃が弱っている時や胃が弱い人は、炭酸水により胃に急激な刺激を受けると胃痛を起こす事があります。特に胃酸が逆流する人は、炭酸水を控えた方が良いとすら言われています。
  • ・ 食欲増進効果で太る
    胃や腸を刺激する為に、食欲増進を促す効果があります。また発泡による圧力で栄養分の腸内から血管への浸透が早くなり、消化吸収も早まると言われています。

他にもゲップが出るや下痢や腹痛を起こすなどのデメリットがあるとされていますが、これらの炭酸水によるメリット・デメリットは正いのでしょうか?

食欲に関しては「抑える」と「増やす」真逆の効果が言われています。

それでは真偽の程を検証してみましょう。

 

  • ・ 疲労回復
    炭酸には筋肉に溜まった乳酸を排出する効果がある事は実証されており、最近では運動後に微炭酸飲料を活用するスポーツ選手も増えて来ました。ただし運動前や運動の最中に炭酸水を取る事は、たとえ微炭酸であっても胃腸に膨満感が出るため、パフォーマンスの低下に繋がります。
  • ・ 美肌効果
    炭酸泉の温泉には、血流促進や美肌、疲労回復の効能が謳われています。
    炭酸泉に入った時に肌につく気泡(炭酸ガス)が肌から吸収され、血管を拡張させ血流が良くなり体温が上昇するという結果が出ている様です。したがって美肌効果にはかなり期待が出来ると思われます。
  • ・ 血行増進
    逆に炭酸水を飲む事で血管が拡張し血流が良くなるかについては疑問が残ります。

    炭酸水を飲んだり口に含んで吐き出したりしても抹消体温の低下と一時的に心拍数が上がるという研究報告もあれば、静岡県立大学食品栄養学部の研究では「炭酸水を飲む事で体温の低下抑制が認められた」と正反対の報告もあります。

  • ・ 歯のエナメル質が溶けたり骨がもろくなったりする
    確かに炭酸水はPH5~5.5で、歯のエナメル質が溶けるとされるPH5.5以下ですが、ヨーグルトや野菜ジュースなどはPH4、梅酒やりんごはPH3と、炭酸水よりPHの低い食品や飲料は他にも沢山あります。
    しかしWHO/FAOによる2003年のレポートでは、炭酸飲料の成分が体内のカルシウム量に与える影響は無視できる程度としながらも、炭酸の消費量が多い場合には歯が侵食される事が報告されています。
  • ・ 代謝が悪化したり疲れやすくなったりする
    歯のエナメル質に与える影響と同じで、弱酸性である炭酸の影響は大きくないと思われます。乳酸は体の中で再利用されてエネルギー源にもなるので、疲れやすいのは代謝の問題よりも、炭酸により乳酸が排出されるからかも知れません。
  • ・ 炭酸の刺激で胃炎を起こす
    消化器官への刺激が強いため、消化性潰瘍・炎症性腸疾患などの消化器病の病状を悪化させる恐れがあるとされているので、多少の不安がある場合に限らず、ガブ飲みするなど急激に刺激を与える様な飲み方は、控えた方が良いでしょう。
  • ・ 食欲増加や食欲抑制
    元々ヨーロッパで食事中に好んで飲まれていたので、消化を助けたり吸収を助けたりする効果もあり、また飲み過ぎれば炭酸ガスでお腹が膨らむのも事実です。
    分量の境目としては、500ml程度以上飲めば、ガスでお腹が膨らみ食欲は抑えられます。ただし空腹時に飲み続けると、炭酸から受ける刺激も大きくなり、消化器官に負担をかけますので気をつけてください。

以上がメリットとデメリットの真偽になります。

炭酸水の効能にはまだまだ分からない事が多い様ですが、飲む量によって効能に正反対の違いが出る様です。

またコーラやサイダーなどの清涼飲料水は、大量の糖分を含んでいるので、ここでの指摘は過剰に糖分を含まない炭酸水が対象となります。

消火器官への悪影響もそうですが、飲み過ぎたりガブ飲みしたりする事は決して良い事ではありません。特にダイエットを目的とした食欲抑制のために炭酸水を飲もうと考えている人は、自分の胃の健康状態に注意してください。

まとめ

ミネラル分による効能を除けば、割高な天然の炭酸水も炭酸ガスを含ませた純水も効果に変わりはありません。また少ししょっぱいですが「水250mlに食用の重曹とクエン酸2g」を混ぜると自宅で簡単に炭酸水ができますので、試してみてください。

またペットボトルに残った炭酸水はあっという間に気が抜けてしまいます。

こんな時にはペットボトルを逆さま(キャップを下)にして冷蔵庫のボトルホルダーに立てて置くと、気が抜けにくいので試してみてください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ